丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

facebook

さあ、いよいよ現場が始まります!

2015-05-18

朝の光が目に眩しい、
この清々しい本日。
大変めでたくも、
『 大針の家 Ⅱ 』の地鎮祭が執り行われました。
 
 
野球少年のT君も、
この後の試合に備えてユニホーム姿でやってきました。
 

 
 
はじめに『手水の議』を経て、
 

 
 
幕が張られたテントの中で地鎮祭が始まります。
 
 

 
 
T君も、少し緊張気味かな?
 
 
 
地鎮祭は “ とこしずめのまつり ” とも言われる通り、
土地の神様にお許しを頂いて安全と家栄を祈念する行事。
 
物事を進める節目には、
このような儀式はとても大切ですね。
 
つくり手一同、
「さあ、はじめるぞ!」と、
気合いも入ります。
 
 
 

 
最後に敷地の四隅もお清めをし、
これで地の神様にも、
お許しを頂くことができました。
 
 
さあ、いよいよ “ 現場 ” が始まります!
 
 
akihito

“ふらっと” 現場をのぞいてみよう!<庭づくり編>

2015-05-08

“ふらっと” とは、丹羽アトリエの『木の家づくり』を、
一般の方にも解り易く解説しながら見て頂く現場の見学会です。
 
今回は、去年の秋に完成した『押沢台の家』を舞台にして <庭づくり編> を開催致します。
 
 

 
 
ご存知ですか?
実は “ 庭づくり ” には住環境を安全で快適にする工夫が、
驚くほどたくさんあるんですよ!
 
景観を素敵にしてくれるだけでなく、
陽射しをコントロールして暖かく、あるいは涼しくしてくれたり、
強い風から家をまもってくれたり。
道路からの視線をさりげなく遮ったり・・・。
 
街に自然な潤いを与ることで、
地域の環境にも良い影響が与えられます。
 
 
今回は、実際に暮らしている木の家の関係も見て頂きながら、
庭づくりのポイントや植え方のアドバイスを頂きます。
 
美味しいハーブティーを飲みながら、
愉しいお庭づくりのお話を聞いてみませんか?
また、住まい手と一緒に “ 庭づくり体験 ” も企画していますので、
是非ご家族揃っておいで下さい。
 
 

日時 : 5月24日  (日)  午後 1:30 〜 午後 4:00 頃
参加費: 無料
場 所: 愛知県春日井市『押沢台の家』
     *メールにて住所と案内図を直接お送りさせて頂きます。
定 員: 15名程度(申し込み先着順)
講 師: (株)舟橋植木  日比野徳之  
 
 

※ページ内に申し込みフォームが表示されない場合、コチラのリンク先からもお申し込み頂けます。
 

春木の家・増築 〜 始まり 〜

2015-05-02

久しぶりのブログ更新...丹羽アトリエスタッフの春奈です。
 
丹羽アトリエのFacebookでは少しお知らせした事もあったのですが、
10年前にアトリエで家を建てて下さった住まい手さんから、
子供も大きくなり、生活スタイルも変わってきて、
 
室内で洗濯物を干せるスペースが欲しい、
主人の寝室としての個室が欲しい、というお話を頂きました。
 
何回か打ち合わせをし、個室を2部屋増築する事に。
そしてサービスヤードは一部分を壁で仕切って床を貼り、
サービスヤードと個室へと続く前室としました。
 
既存の家もクローゼットの収納を増やしたり、
ロフトの手すりを板で塞ぎ、小屋裏収納にするなど、
今の生活で、もうちょっとこうだったらな〜という事も改善。
 
そして今回の工事と合わせて、建具の調整や器具の交換等、
ひと通りのメンテナンスも行いました。
 
 
増築部分は図面で見ると...(黒塗りの壁が今回の工事で新しく出来た壁です)

 
 
まず、現場で最初に行った作業は木で造ったバルコニーを切って縮める事。

 
木なので加工がしやすいですし、既製品で作った物ではないので、
決まった形に縛られる事なく、どんな使い方にもなりえる可能性が無限にあります。
 
...加工がしやすいと言っても、
空中にある材料を電動工具で加工するのは、ハラハラ・ドキドキでしたが。
 
 
そして、いよいよ建前!!
2部屋の増築と規模もコンパクト、そして重機は入れないので、
全て人力、人間レッカーです。(笑)

 

  
お互いに先を読みながら、廻りを見て気を配りながら、そうでないと建前はできません。
重い材を運んだり、高い所へ登ったりと危険と隣り合わせですから。
 
既存の建物との接合もぴったりと納まりました。

 
 
建前の様子を定点カメラで撮影してみましたので、ご覧になってみて下さい。

 
ひとまず、ほっとできた瞬間です...
まだ寒い2月初めの建前でした。
  
その後については、また後ほど!!
 
haruna

『犬山の家』土壁が付きました!

2015-04-28

アクティブな日曜日を送っている丹羽アトリエです◎
 
見学会を開催したり、住まい手OBの杉板デッキ掃除のお手伝いをしたり、家づくりの打合せをしたり・・・などなど。
気付くとなんだか色々やってます!
 
ただいま5月、6月にもイベント企画中です^^
 
 
さて、先週末は午前中に『水北町の家』(まもなく実例集更新します!)の図面説明を行い、工務店さんとの顔合わせも完了。
 
住まい手のYさんとは『押沢台の家』のオープンハウスで初めてお会いし、それから土地のこと、住まいのこと・・・色々とお話をしてきました。
 
親子4人でのびのび暮らす平屋の家が仲間入りです◎
 

 
(あ、後ろに写っている薪ストーブ、いつのまにかお役御免でした・・・今年もありがとう!)
 
  
この日は現場でもう一つ打合せ。
 
すぐにでも夏がやってきそうな暑さに賑わううどん屋さんでうどんをすすり、
 
さあ『犬山の家』へ!
 
左官屋さんの土壁の工程が完了し、今後のスケジュールについて、気になっていることの確認、あとは雑談を少々・・・雑談を多々かな?
 

 

 
土壁が付くと雰囲気が変わりますね。
 
竹小舞の様子は名残惜しいのですが、完成に近づいていることを実感できます。
 
現場の雰囲気もガラッと変わったので、ウォークスルー動画・第2段を公開!
どうぞご覧下さい◎
 

 
yoshiyuki

にぎやかで愉しい見学会!

2015-03-30

「徳重の家」の完成見学会を開催させて頂きました。
 
前日にスタッフが作ってくれた「てるてる坊主」の願いは届かず、
あいにくの雨天ではありましたが、
沢山の方々が見学においで下さいました。 
 
現在進行中のお施主様をはじめ、
新築やリホームを検討中の方。
そして、すでに新居に暮らしていらっしゃる丹羽アトリエのOBご家族も来られて、
にぎやかで笑い溢れる、愉しい一日となりました。
 

 
 
この家は丹羽アトリエはじめての試みでもある、
”ふらっと 現場をのぞいてみよう!” の舞台にさせていただいた物件ですので、
施行中の段階から、ずっと見学して頂いている方も多く、
 
「へえ〜、あの木組みの骨組みがこんな感じでみえるんですねー!」 とか、
 
「左官の壁が仕上がると、またグッと素敵な空間になりますね」
  
などといった感想も聞くことができました。
 

 
 
この家の杉材を育てた林業家、TSウッドハウスの和田さんも来て下さり、
手塩にかけた杉材の説明も丁寧にして下さっていました。
 

 
 
 
この後、入居後に外構工事をはじめます。
 
玄関ポーチ回りの設えや駐車スペース、南のお庭。
お隣の母屋玄関へのアプローチ。
2坪ほどのかわいい納屋も造ります。
 
外構が整うと、また家の印象も随分変わります。
 
総てが完成したら撮影をして、
HPでもご紹介したいと思いますので、
どうぞお楽しみに!
 
 

 
akihito
 

チラッと『徳重の家』

2015-03-24

いよいよ次の日曜日に開催する『徳重の家』のオープンハウスを前に、
 
完成前の最終チェックに同行してきました。
 

 
現場監督さん、家具屋さん、建具屋さん、電気屋さん
 
つくり手の皆さんも完成前の最後の仕上に取りかかっています。
 
最後まで丁寧な仕事ぶりを横目に・・・
 
29日の見学会に向けて『徳重の家』の様子をチラ見せしようと撮影開始!
 
 
まずは、こちら◎
 
家の中の様子がうっすら感じられる、竪格子の引き戸が皆さんをお出迎え
  

 
そこからリビングへ・・・
 
リビングに入ると是非上を見上げて下さい^^
 
太い丸太が、しっかり屋根を支えていますね。
 
この丸太、ただの丸太じゃないんです・・・
 
 
さかのぼる事、1年少し・・・(当時のブログはコチラ
 
八百津の山で住まい手と一緒に選び、伐採に立合った、
 
“家づくりの思い出”がこもった丸太なんです◎
 
そんな素敵な丸太に近づくように階段を登ると、小屋裏空間のような2階に辿り着きます。
 

 
斜め天井の小屋裏の様な2階の空間。
 
丹羽アトリエでは子供室などにする事が多いのですが、今回は趣味・遊びの部屋です。
 
なんだか隠れ家の様な雰囲気も漂う小屋裏空間が出来上がりました^^
 

 
さてさて、2階に登るという事は、当然皆さん手すりに触れますよね?
 
木の家の魅力の一つ。優しい肌触りを堪能してくださいね。
 
手すりのような毎日触れる場所は、触った感触からも経年変化が愉しめますよ◎
 

 
最後はコチラ!
 
おなじみのステンレスフードとは少し違う?
 
掃除がしやすい仕掛けを考えた、ニューアイテムです^^
 
どんな工夫が隠れているのか・・・乞うご期待!
 
 
yoshiyuki

“にわまが”の楽しみ

2015-03-19


 
お久しぶりのブログ更新です・・・
 
本日の丹羽アトリエの靴箱の天板は、封筒で超満員です。
(招きウサギと猫はしっかり指定席を確保しています・・・) 
 
この封筒は何かというと、
 
住まい手の皆さんにお届けする“にわまが”です!!
 
なにそれ!?知らないよ!という方は→コチラ
 
木の家の情報をお届けするフリーペーパー ” にわまが ” も少しずつ認知されてきたのではないでしょうか・・・!?
 
vol.3まで完成し、ようやく季刊誌らしくなってきました^^
 

 
さて、今回は“にわまが”作成の楽しみをお伝えしたいのです・・・(興味ある方はどうぞ笑)
 
ひとつは、単純に編集作業が楽しい^^
 
ふたつは、制作しながら、木の家のこと・暮らしの愉しみ方を学べる!
 
などあるのですが・・・やはり!
 
住まい手の方とお話する機会がもてる◎
 
これが一番嬉しいことです。
 
お会いする機会がなかったかもしれない住まい手0Bの方とお話しをする。
 
住まい手と一緒に家具づくりに没頭する。
(vol.3の “春奈のDIY” のコーナーでは、『押沢台の家』の住まい手にご協力頂きました。)
 

 
こんな風に、木の家が完成した“その後”に立合えるのは嬉しいですね◎
 
木の家のメンテナンスの話、木の家の暮らしぶりなどなど・・・
記事にしたいことが沢山な “ にわまが ”づくりです。
 
 
yoshiyuki

『徳重の家』オープンハウスのご案内

2015-03-06


 
『徳重の家』がまもなく完成を迎えます。
 
ご夫婦と中学生のご長男の三人家族が暮らす住まいです。
小屋裏空間を最大限に活かした2階建ての家ですが、
”喰(く)う・寝(ね)る”の基本的な生活のスペースは一階部分に集め、平屋のような暮らしを実現しました。
 
さらに、陶芸や洋裁、楽器の演奏や鉄道模型、沢山の文庫のスペース・・・ご家族の様々な創作のスペースの為の“創作(あそ)ぶ”スペースを小屋裏空間などに盛り込みました。
 
ご家族の楽しい妄想からスタートした “ 喰(く)う・寝(ね)る・創作(あそ)ぶ ” が揃った、暮らしを愉しむ家です。
 
この機会に実際の空間を体感してみませんか。
 
また、家づくりの現場見学会 “ふらっと” で、木の家づくりの見所を紹介してきた家でもあります。
 

 
“ふらっと” へお越し頂いた皆様にも完成した木の家の姿を是非ご覧頂きたく思います。
 
(“ふらっと”全体スケジュールはコチラ。ブログなどもまとめていますのでどうぞご覧下さい。
 
日時は以下の通りです。
 
是非、見学にお出で下さい。
 

日時 : 3月29日  (日)  午前 10:00 〜 午後 5:00
参加費: 無料
場所 : 愛知県北名古屋市 
     *メールにて住所と案内図を直接お送りさせて頂きます。
 
 

※ページ内に申し込みフォームが表示されない場合、コチラのリンク先からもお申し込み頂けます。
 

“ふらっと” 現場をのぞいてみよう  家具工房編

2015-03-05

“ ふらっと ” 現場を除いてみよう(家具編)を開催致しました。
 
会場は丹羽アトリエの一階に有る家具工房です。
 

 
 
そして、今回の講師はGEPPETTOの佐合君。
 

 
彼にはいつも、
キッチン流し台や洗面台をはじめ、
ダイニングセットやソファーなどの、
暮らしを愉しく便利にしてくれる家具たちを作ってもらっています。
 
そう、
『丹羽アトリエの家づくり』には無くてはならない人材です。
 
 
今回は、
樹種ごとに違う ” 色合い “ や ” 木目 “ 。
カンナを掛けると引き立つ ” 照り “ 。
おもわず撫でたくなるような滑らかな ” 肌触り” などなど、
魅力満点の無垢の木を、
いったい、どのように加工して、
” 丈夫 “ で ” 美しく “ 、そして ” 機能的 “ 
な家具をつくっていくのか・・・。 
 
そんな家具づくりの工程をじっくりとご覧頂きました。
 
 
 

 
 

 
 
 
乾燥された荒木をまず平滑に削って厚みを揃え、
幅を落として長さをカットし、
雄雌のホゾを加工して組み立てたら、
最後はオイル拭きをして仕上がり。
 
家具づくりの様子をお見せしていて印象深かったのは、
特に子供達が食い入るように見てくれていたこと・・・。
 
たしか、前回の左官編の時もそうでした。
 
ものづくりの現場は子供達の目にも新鮮で、
とても興味を引きつけるものが有るようです。
 
 

 

 

 

 

 
 
そして、最後のお楽しみは、
 

 
写真タテづくり!
 
家具造りの材料としてよく使う樹種を一通り用意してみました。
 
ナラ、クリ、ヤマザクラ、ウォールナット、タモ、メイプル、
ケヤキ、アサダ、ホワイトアッシュ、ブラックチェリー、レッドオーク。
 
皆さんお好きな木を選んで頂き、
さあ、製作にかかります!
 

 

 
カンナで面取りをして、
サンドペーパーで仕上げ、
スタンドの足を取り付けてガラスを入れて、
はい、出来上がり!
 
 

 
 
 
時間と共に味わいが増す風合い。
使い込まれた証でもある ” よごれ “ も ” きず “ も、
無垢の木ならではの魅力です。
 
短い時間でしたが、
無垢の木の家具づくりの魅力と愉しみを、
見て、触って、体験して感じて頂きました。 
 
 
akihito

 
 
 

 

  
 

“ふらっと” 現場をのぞいてみよう!<家具工房編>

2015-02-10

※好評につき、2月13日をもって受付を終了させて頂きました。
 

 
左官仕上げの見学も終え、丹羽アトリエの家づくり最終工程は家具制作です。
 
私たちは、キッチンや洗面台、収納の引き出しなどの作り付け家具はもちろん、
 
ご要望であれば、
ダイニングテーブルセットやソファ、ベッドまで・・・
 
無垢の木の家具を含めた家づくりをしています。
 

 
ところで、これらの家具はどんな場所で作られているのでしょう?
 
実は、丹羽アトリエの一階にある小さな工房で、一人の職人の手仕事によって作られているんです。
 
いつでも職人と顔を合わせて話が出来るので、細かい要望にも的確に対応できるんです。
 

 
この <家具工房編> では、そんなモノづくりの現場をご覧頂きたいと思います◎
 
家具の組み立ての様子や、
ガサガサした荒板が優しい木の家具の肌触りに変わっていく様子をご覧になりませんか?
 
また、家具の制作工程の一部分を実際に体験できる企画も用意しています。
 
ちょっとした ” 木のお土産 ” を一緒に作ってみませんか?
 
皆様の参加をお待ちしております^^
 
    
参加ご希望の方は、コチラのお申し込みフォームよりお申し込みください。
 
※好評につき、2月13日をもって受付を終了させて頂きました。
 
『“ふらっと”現場をのぞいてみよう!』の今後のスケジュール 
 

 
−−−−−−−−−−−−−−−−− ご 案 内 −−−−−−−−−−−−−−−−−
 
日時 :2015年2月15日(日) 午後2時00分 〜 午後4時00分
*午後1時50分に丹羽明人アトリエへ集合して下さい。
参加費: 無料
場所 : 小牧市小針2丁目129番地 丹羽明人アトリエ

このページのtopへ