『みよしの家』造作工事

『みよしの家』の工事が進んでいます。
 

こちらは建前後。
 

屋根の瓦を葺き、壁の竹小舞を編み、土壁の土を付け、
建物の形が分かるようになってきました。
 

室内の方も、竹小舞を編んだ状態から
 

土壁を付け、床下地を組み、床が貼れました。
 
この後、板壁を貼ったり、幅木を付けたりと色々な材料の加工・取付けをしていきます。
 
丹羽アトリエの家では、室内の枠材や家具・建具といった物も既製品ではなく、
職人さんがこの家に合うように、材料の加工から手掛けているんですよ。
 

全部、化粧で見える物なので1つ1つ丁寧に取付けていきます。
 
 

細かい作業が続きますが、
完成まで、棟梁お願いしますね!!
 
 
haruna