丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

アトリエブログ

“ Green wood work ”

2019-05-06

“グリーンウッド” とは生木のこと。
伐ったばかりの、まだ瑞々しい木のことを言います。
 
“グリーンウッドワーク”. とは、そんなまだ瑞々しい木を、
斧やナイフなどの手道具で削って、
スプーンや器、椅子などをつくる木工のこと。
 

「一口にスプーンと言っても 形や大きさも様々
スープ デザート ジャムなど 用途に合わせてデザインする楽しさも・・・!」
 
 
その楽しさは何と言っても、生木をサクサクと削るナイフワーク。
伐って間がない木は柔らかいので、女性の方でも十分に楽しめます。
 
日本だけでなく、世界中の何処にでもある木のものづくりですが、
近年では “グリーンウッドワーク” というカルチャーとして、
世界各地でブームになりつつあるようです。
 

「ナイフワークを体系化してまとめられた最初の書籍」
 
 
そこに生えている木の枝を少しだけ頂いて、
自分の手の中で、イメージを形にしていく楽しさ。
 
木の瑞々しいヒンヤリ感と香りを感じながら削っていると、
つい時間を忘れて没頭!
心もすっかり癒されていることに気づきます。
 
去年、『グリーンウッドワーク指導者養成講座』 に通いました。
 
森の中で、木の選び方をはじめ、ナイフワークや刃物の研ぎ方を学び、
そしてスプーンや器、椅子づくりを体験。
 

「削りたてのマイスプーンでアイスクリーム 
   んっ!? ひと味違う・・・!」
 
 
これまで “木の家づくり” を通して “木の魅力” を伝えて来ましたが、
さらに “木のクリエーション” の楽しさを多くの方に伝えていきたいと思っています。
 
大人も子供も、
一度グリーンウッドワークの魅力を味わったら、
きっとみんな、はまってしまいますよ〜っ!
 

「完成したゴッホの椅子
   まるで 歩きはじめた我が子を撮るように・・・!」

お花見に行ってきました

2018-04-07

もう桜が散って、新緑が多くなってきましたが、桜が満開だった先週、
事務所の皆でお昼休憩を利用して、近くの堤防へプチお花見に行って来ました。
 
毎年 花冷え という言葉があるくらい、桜が満開の頃はとっても寒かったり、
冷たい雨の降る事が多いですが、今年はずっと暖かくて、お花見日和が沢山ありましたね。
 

 

 
カメラ講習に行っている丹羽は一眼レフカメラでパチリ。
 
 

 
個人でもインスタグラムをやっている私もスマホでパチリ。
 
 

 
森藤は...春の陽気のウキウキな気持ちを表現しようと、スキップしながら動画撮影♪
なかなかうまく撮れず、丹羽もスキップ参加(笑)
 
もちろんカメラ越しだけではなく、
暖かい陽射しの下でお弁当を食べながら、お花見を満喫しましたよ◎
 

 
お花見するぞーといって色々と準備をして、みんなで集まるのも楽しいですが、
お弁当と飲み物を持って、ちょっとした空き時間で気軽に行くのも良いですね。
お花見と、春の気分を十分に満喫できました。
 
 
 
 
みなさんは今年のさくら、楽しめましたか?
 
  
haruna

今年一年、ありがとうございました!

2016-12-30

平成28年も残すところあと一日。
 
年々、一年が短くなっていくように感じますが、
今年はひときわ早く、アッと言う間の12ヶ月でした。
 
でもしかし、内容は充実。
とても幸せでありがたい一年でした。
 
『木と土の家』を望まれる方々との新しいご縁も頂けましたし、
また、『木と土の家』のつくり手とも新たに繋がりました。
 
ゆっくりですが、しかし地道に着実に
「自分たちの暮らしの場をちゃんと考えて、きちんと創っていこう!」
という意識が広まっていますね。
 
そのことをしっかり実感することができた一年でした。
 
 
新年も、そんな家づくりに丁寧に寄り添っていこうと、
そう決意を新たにしています。
 
 
皆みな様、今年一年、本当にお世話になりました。
 
また来年も、どうぞ宜しくお願いいたします。
 

 

農業公園

2016-08-31

小牧市の農業公園計画。
これまで何度も計画倒れになり、
時が経つうちに時代も移り変わって、
“ 一体、どうすれば良いんだろう!?? ” と現在迷走中。
 
今日は(仮称)小牧市農業公園検討委員会の視察で、
二カ所の先進事例の見学に行ってきました。
 
 

 
産直コーナーでは毎日飛ぶように野菜が売れる。
年間を通して収穫体験も楽しめる農園は、
地元の農家さんとの連携によって、
とても内容も充実しており、
毎年100万人もの来場者がある、結構な人気施設。
が、しかし、経営は赤字。
 
 

 
一方、今から50年前。
時代の要請を受けて農業関連の試験研究指導をになう場として開園した施設は、
今では建物も設備も老朽化を迎え、
更新するべきかどうか、先が見えない状況に。
 
 
小牧の(仮称)農業公園のテーマは『食育と環境』。
なんとも大きくて漠然としていて・・・、
小牧市がここで何をやるべきだかが、よくわからない。
 
何をつくるべきなのか?
しかし、負の遺産は困りもの。
何もつくるべきではないのかも知れない。
 
今度こそ、
本当によく考えなければいけない。

今年も “ 植 樹 ” に行ってきました!

2016-07-15

今年の参加者は約30人の親子連れの皆さん。 
 
心配していた雨も明け方には上がって、
暑くも寒くもない、絶好の植樹日和となりました。
 
今年もリピータの方も多く、
中には “子供が大きくなったのでまた参加しました” と、
9年ぶりにおいで下さった親子も有りました。
 
 

 
植付ける苗は『高野槙』。
 
20センチほどの苗ですが、
これでも8年生(8才)なんです。
 
如何に木の成長には時間が掛かるものかがわかりますね。
 
 
植樹作業はお昼までの2時間弱。
みんな、なれない斜面での作業でしたが、
親子で思い思いに楽しんでいらっしゃいました。
 

 
 
ところで、
実は今年は、大変珍しいものも見ることができたんです。
 
なんと、笹が花を咲かせたのです!
60年とも120年に一度ともいわれる花の開花を見ることができました。
 

 
小さくって白い華奢な感じの花でした。
もう、この先お目にかかることが無いと思うと、 
嬉しいような、寂しいような・・・。
 
 
お昼で植樹体験を終えて、
昼食はこの地域の郷土料理の『朴葉寿司』です。
 

 
今年も、河方さんのご家族総出でつくって下さいました。
 

 
 
 
食後は・・・野遊び!!
 
 
まだしっぽが残るカエルを捕まえたり、
 

 
 
朴葉で作った飛行機を飛ばしたり!
 

 
 
 
とにかく元気一杯に遊びました。 
 
 
自然の中で美味しい空気を吸い、
木に触れ、虫達とあそび、美味しい郷土料理を食べ・・・。
 
本当に充実した、楽しい一日でした。
 
 

 
 
“ 八百津の森とつながる 植樹ツアー ” 
 
来年もきっと開催しますので、
是非一度、ご一緒に出かけましょう!!
 

熊本の被災地にて・・・

2016-07-06

今年のゴールデンウイークに、
被災直後の熊本の視察に行ってきました。
 
テレビで報道される被災地の様子を見ていて、
 
“ 自分は今、なにをするべきなのか? ” と考えた時、
 
災害の状況を自分の目で見て確かめること。
そして振り返り、次に繋げる、ことだと思い至りました。
 
目を覆いたくなるような悲惨な倒壊現場や、
地盤が緩んで移転を余儀なくされる村。
 
その中に有っても、
大した損傷も無く立ち尽くす家も混在する。
 
“ いったい何がこの明暗を分けたのか・・・? ”
 
 
耐震基準は幾度も見直され、
改訂を重ねてきました。
また、伝統的な技術の中にも、
地震に備える知恵が沢山あることも明らかになってきています。
 
大切なことは、
正しい知識を学び、身につけ、
そしてきちっと実行するということ。
 
いつまでも、
いつまでも勉強です。
 
“ 一軒一軒、基本に立ち返って、謙虚な気持ちで家づくりに取り組みます ” 
 
改めて、そう誓いました。

 
 

 
 
被災の一日も早い復興を心から祈念しております。

土の建築を研究する・・・クラテール

2015-11-04

先日、日本左官会議主催の、フランス グルノーブル国立大学の研究部門、「クラテール」のメンバーであるフランス人建築家と左官クラフトウーマンをむかえてのシンポジウムに参加してきた。
 
世界中の “土の建築” を、この「クラテール」は研究している。
 
・土を用いてエネルギーを浪費しない
・貧富の差を拡大しない
・その土地の建築文化を尊重する
 
そんな建築のあり方を探し求めて研究をしている。
 

 
実に、 世界中の住宅の75%が土の建築なのだとか。
 
なるほど確かに、
身近な素材で建てるとなれば、まずは “土”。 
 
 
このところ、
日本でも土壁の良さが見直されて来ているが、
フランスでも同じく、土でつくる家が注目されているらしい。
 
ただ、国が進める “省エネ化” とどう折り合いをつけるのかが課題だとか。
 
そこも日本の状況と同じ・・・!
 
数値だけでは評価しにくいのが “土壁” 。
  
  
省エネとは?
豊かな住まいとは?
建築の地域性とは?
 
そんなことを考えさせられた講演会でした。
 
akihito

木の時計

2015-10-10

丹羽アトリエのオリジナル時計。
 
made by GEPPETTO です。
 

 
 
木の家にお似合いの時計がなかなか見つからないので、
いっそのこと、オリジナルを作ることにしました。
 
このデザインは4作目。
木の針と葉っぱの振り子がかわいいでしょ!

 
 

 
丹羽アトリエの竣工プレゼントです。

おいしい庭 9月13日

2015-09-22

“ 秋 ” 清々しくて気持ちのよい季節となりました。
 
我が家の「美味しい庭」も夏野菜が終わり、
冬野菜にタッチ交代。
 
先日の9月13日、日曜日。
長く続いた雨もあがり、
「よし今のうちに !」 と、
庭の畑に冬野菜の種を蒔きました。
 

 
母に指南を受けながら、野菜づくりの弟子入り?・・・です。
 
 
ダイコン、ニンジン、チンゲンサイ。
ホウレンソウにルッコラ・・・。
 

 

 

 

 
我が家はリビングの前がぜんぶ畑、そう、『美味しい庭』なんです。
いわゆる“ キッチンガーデン ”。
 

 
“ 土の力 ”ってすごいですよね!
 
コンポスターで生ゴミも循環できるし、
ちょっとしたスペースでも、結構たくさんの野菜が収穫できるんです。
 
“ おいしい庭 ”
 
我が家の暮らしの愉しみのひとつです!

長女 21才の誕生日

2015-08-24

今日は長女、21才の誕生日。
しかし、月日が過ぎるのは早いものです。
 
だんだん大人になっていくことが嬉しくもあり、
そこはかとなく寂しくもあり・・・。
 
でも、こうして一緒にグラスを傾けられることは・・・嬉しい!
 
 

 
我が家のお楽しみは、
家内の手料理!
 

 
義父、御用樽のワインで乾杯!
 
 
ここまで健康に育ってくれたことに、
心から感謝です!!
 
 

 
 
akihito

1 / 3123
このページのtopへ

丹羽明人アトリエに
相談してみませんか?

TEL 0568-77-0638
FAX 0568-77-7024

〒485-0037
愛知県小牧市小針二丁目129番地

(c) 一級建築士事務所 丹羽明人アトリエ