丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

アトリエブログ

『日野の家』構造見学会(建前編)のご案内

2019-11-15

\『日野の家』 構造見学会<建前編>を開催します /
 


 
関東圏でも、若い世代を中心に 木組み土壁の家 への関心が高まっているように感じます。
良いものが見直され、受け入れられ始めていることは、とても嬉しい事です。
 
木組み土壁の家の魅力を、より多くの方にご覧頂きたく、構造見学会を開催します。
 
今回の < 建前編 > では、家の骨組みが組み上がる様子をご覧頂きながら、安全・安心な家づくりについて、みなさんとお話が出来ればと思っています。 
 
『日野の家』の紹介は→コチラ←
 

* 見学をご希望の方は、下部の申込フォームよりお申し込み下さい *

 

木と土の家の構造見学会はココが見所!!

1. 骨太な無垢の木の構造材

桧(ひのき)の柱。杉の梁(はり)
構造材には、骨太な自然乾燥の無垢の木を使います。
もちろん、全て日本の山で育った木です。
 

2. 金物を使わない『木組み』の構法

「木組み」は、金物を使わずに木と木を一体的に組むことで家の骨組みをつくる構法です。
地震国で受継がれてきた大工技術『木組み』の安心感を現場で感じて下さい。
 

3. 『土壁』のための通し貫(とおしぬき)

家の骨組みが組み上がると、『土壁』の作業がはじまります。
今回の構造見学会では、土壁の家には欠かせない「通し貫」にも注目して下さい。
「通し貫」とは、柱を貫通させて取り付ける木材で、
くさびでしっかりと固定することで、地震に対して柔軟で粘り強くはたらく骨組みができあがります。
 

4.デザインされた「見せる骨組」

丹羽アトリエの設計する家は、構造材を隠さない「真壁造り」の家です。
力強く、美しくデザインされた架構をご覧下さい。
 

5.まるでお祭り!賑やかな建前

大工の棟梁は、この日にむけて、一本一本の木を丁寧に手加工してきました。
建前の当日は、仲間の大工と一丸となって骨組みを組み上げます。
大工の掛声と掛矢(かけや)の音が響く、賑やかな建前の風景も『木組み』の家ならではの愉しみです。
 

「木組み」の建前の様子

 
 
 

日時:2019年11月23日(土)
[午前] 10時00分 〜 12時00分
[午後] 13時00分 〜 17時00分
*職人の昼休憩の為、お昼の時間の見学はご遠慮下さい
参加費:無料
場所:東京都日野市
 
※メールにて住所と案内図を直接お送りさせて頂きます。
※お預かりした個人情報を営業目的で利用することはございません。
 
 

土壁のお得感は半端ない!

2019-11-09

「七宝の家」の住まい手と土壁塗り体験をしました。 
 
手ほどきをしてくれるのは左官の加祥さん。
 

  
いつも楽しそうに、そして簡単そうに塗っているところを見てるので、
そんな、軽い気持ちでコテを握ってみてビックリ !
 
水を含んだ土はけっこう重いし、コテ使いにはかなりのコツがいります。
 

 
 
でも、次第に楽しくなって夢中になり、無言になってしまうのです !
 
 

 
 
 
ところで・・・、
皆さんは「土壁」と聞くと、
 
“ コストが掛かる !”
 
“ 工期が長引く !!”  ・・・と、そんなイメージを持たれているのでは・・・?
 
 
いえいえ、そんなことは無いんですよ。
  
実は、土壁に掛かるコストは、一坪当たり約2万5千円くらい。
ですから30坪の家で70〜80万円程度なんです。
 
さて、これを高いと見るか、安いと見るか・・・です。
 
 
土壁には 耐震性 ・ 蓄熱性 ・ 調湿性 ・ 防火性 ・ 遮音性 ・ 吸臭性 と、
こんなにもたくさんの効能が有るんです。
 
これらを「土壁」だけで受け持ってくれるんですから、
その費用対効果は抜群 !
 
むしろ、とってもお得な構法なのです。
 
 
必要な時間は乾燥まで含めて約1ヶ月半前後。
 
この先、数十年もの間、安全で快適に暮らすためだと考えれば、
ほんの一瞬の時間だと思いませんか ?!
 
akihito

徳島県、木頭杉の山へ(後編:山の生業と産直材)

2019-11-07

長らくお待たせしました、徳島研修・後編です!
あわせて(前編:木の乾燥と製材所)もご覧下さい。
 
 
徳島研修2日目。
 
朝食を取りながら、TSウッドハウスの和田さんが携わってきた杉に関する様々な研究についてお話頂きました。
杉の強度や耐久性、香りや色ツヤの特徴、などなど・・・・。
 
そして、木の家づくりを支える林業について。
 
TSウッドハウス協同組合が伐採している杉は樹齢70年以上。
今は、和田さんのおじいさん、ひいおじいさん達が植えた樹齢約90年の杉を伐採し、そして次世代の為に植林をしているとのこと。
何世代にも渡って日本の山の循環を守る林業の世界にはいつも驚かされます。
 
興味深い話しで、和田さんの話だけで満足してしまうところでした・・・
今日のメインは山の見学。 組合員の亀井林業さんと合流し、山へ向かいます。
 

 
見渡す限り緑。 辺り一面が杉の山です。
 
日本全国で良く見る一面緑のこの景色、そのほとんどが人工林ということはご存知でしょうか?
僕も木の家づくりに携わるようになってから知りました。
 
戦後の住宅供給に対応する為に、沢山の杉や桧が日本全土で植えられたそうです。
 
日本の国土の67%が森林で、そのうち40%がこの人工林。
この徳島の山のように、家づくりに適した大きさに育った杉や桧が豊富にあるんです。
 
山をぐんぐん登り、杉の木が立派に育った見学場所に到着しました。
 

 
植樹ツアーなどで山へ来る事はありますが、こんなに急勾配な山へ入る事は滅多にありません。
 
この場所に苗木を植えた先人の苦労も計り知れないのですが、伐採・出荷するのも大変な準備が必要ということが分かります。
 
道路から作業が出来る部分はわずかで、斜面を下って行けるように作業道が整備されていました。
 
作業道はこんな感じ。 丸太を組んで作られ、凄い迫力です。
 

 
道路から少し下った場所の樹齢90年の杉を伐採して頂けるということで、作業道を歩き下へ。
 
いよいよ伐採です。
 
まずは木の重心を見極め、倒す方向を決めます。
倒す方向は、倒した際の衝撃が小さくなるように斜面の山側。
 

 
倒す側にチェーンソーを入れ、「受け口」を作ります。
 
倒したい方向に適切に「受け口」がつくれているかどうかを確認。
チェーンソーの先端を当てて方向を確認するのは、この方の習慣のようです。
 

 
「受け口」が決まったら、反対側からチェーンソーを入れ、「追い口」を作ります。
 

 
「追い口」にクサビを打込むと、徐々に傾き・・・傾き・・・どーん!!と倒れます。
 
狙い通りの方向に見事に倒れました。
 

 
「受け口」「追い口」を作らずに伐ると、どう倒れてくるかわかりませんし、木が大きく裂けて使い物にならなくなる可能性もあります。
 
大切に育てた木を、良い状態で安全に出荷する為の先人の知恵ですね。
 
伐採した丸太は、山を下り、乾燥、製材され、構造材や造作材として、建築現場に届きます。
丹羽アトリエは、杉の産地と直接顔の見える関係を築き、信頼出来る山の産直材を使うことを大切にしています。
産直にすることで、一般の流通には無い長い材料が使え、(前編)で紹介した天然乾燥の良質な杉材で家をつくる事が出来ます。
 
「せっかく育てた木は、出来る限り長いまま使ってもらいたい。」 そんな林業家の思いに応える事も。
 
そしてなにより、自分の家の木がどこで育ったのかがわかる家づくりなんです。
 
 
気付けばつらつらと長い投稿になりましたが、以上、徳島研修のレポートでした◎
長々とご覧頂き有難うございます!!!!
 
和田さん、亀井林業の皆さん、お世話になりました。本当に有難うございました!!
 

 
帰り際に案内してもらった徳島を代表する景色 「吉野川橋と眉山」
 
yoshiyuki
 
 

新しい住まいの器ができました!

2019-10-29


 
 
今年3月に完成を迎えた「石尾台の家」の完成見学会をしました!
 
引っ越しをされて半年以上経ち、
少し生活が落ち着いて暮らしぶりが見えるタイミングでの開催です。
多くの方にお越し頂き、大変賑わいのある見学会となりました◎
 
参加者から
「木の良い香りがするー!」
「無垢杉フローリングがすべすべして気持ちいい!」
「なんだか落ち着く。」
「家事動線が良い!」
「部屋が繫がっているから畳数以上に広く感じる。」
 
と、さまざまな嬉しいお言葉を頂きました。 
このような充実した見学会を開催させて頂き、住まい手さんに感謝です!!
 
次回の完成見学会は12月に津島市で行う予定でおりますので、そちらも是非お越しください♪
 
Keishiro
 

丹羽アトリエの「仕事場」

2019-10-17

『建築ジャーナル』という建築専門誌。
 
業界紙なので書店には並んでません。
ですので一般の方の目に触れることはほとんどない雑誌ですが、
その9月号の「仕事場」のコーナーに、私の事務所の紹介が載ってます。
 
今頃になって、ふと思い出して投稿・・・!
 

『小幡の家』構造見学会(建前編)のご案内

2019-10-11

\『小幡の家』 構造見学会<建前編>を開催します /
 

 
みなさんは、家づくりでどんな事を大切にしていますか?
 

『地震などの災害から家族を守ってくれる家』


これは家づくりを考える上でとても大切な事ですよね。
今回の構造見学会 < 建前編 > では、
家の骨組みが組み上がる様子をご覧頂きながら、
安全・安心な家づくりについて、みなさんとお話が出来ればと思っています。 

* 見学をご希望の方は、下部の申込フォームよりお申し込み下さい *

木と土の家ってどんな家?


“ 木の家 ” “ 木造の家 ” といっても、さまざまな家づくりの考え方があることはご存知でしょうか?
 
丹羽アトリエのつくる “ 木と土の家 ” は、
「木組み・土壁」という、地震国で培われた日本の職人技術が活きる家づくりです。
大工の “ 手刻み ” だからつくれる本来の “ 木の家 ” を是非ご覧下さい。

 
 

木と土の家の構造見学会はココが見所!!

1. 骨太な無垢の木の構造材

桧(ひのき)の柱。杉の梁(はり)
構造材には、骨太な自然乾燥の無垢の木を使います。
もちろん、全て日本の山で育った木です。
 

2. 金物を使わない『木組み』の構法

「木組み」は、金物を使わずに木と木を一体的に組むことで家の骨組みをつくる構法です。
地震国で受継がれてきた大工技術『木組み』の安心感を現場で感じて下さい。
 

3. 『土壁』のための通し貫(とおしぬき)

家の骨組みが組み上がると、『土壁』の作業がはじまります。
今回の構造見学会では、土壁の家には欠かせない「通し貫」にも注目して下さい。
「通し貫」とは、柱を貫通させて取り付ける木材で、
くさびでしっかりと固定することで、地震に対して柔軟で粘り強くはたらく骨組みができあがります。
 

4.デザインされた「見せる骨組」

丹羽アトリエの設計する家は、構造材を隠さない「真壁造り」の家です。
力強く、美しくデザインされた架構をご覧下さい。
 

5.まるでお祭り!賑やかな建前

大工の棟梁は、この日にむけて、一本一本の木を丁寧に手加工してきました。
建前の当日は、仲間の大工と一丸となって骨組みを組み上げます。
大工の掛声と掛矢(かけや)の音が響く、賑やかな建前の風景も『木組み』の家ならではの愉しみです。
 

「木組み」の建前の様子

 
『小幡の家』の紹介は→コチラ←
 
 

日時:2019年10月25日(金)
[午前]  9時00分 〜 12時00分
[午後] 13時00分 〜 17時00分
*職人の昼休憩の為、お昼の時間の見学はご遠慮下さい
参加費:無料
場所:愛知県名古屋市守山区
*お申し込み頂いた方には、住所と案内図をお送りさせて頂きます。
 
※申込時にご記入頂いたご連絡先、住所等を営業目的で利用することはございません。
 

『石尾台の家』完成見学会のご案内

2019-09-26


 
\ 『石尾台の家』 暮らしのみえる完成見学会を開催します! /
 
『石尾台の家』は、ご夫婦と3人のお子さんが暮らす約35坪の木組み土壁の家です。
 
春に引き渡しを終え、住まい手家族の楽しい暮らしが始まっています。
新しい暮らしが少し落ち着いたタイミングで完成見学会を開催させて頂くことになりました。
 
家づくりをご検討中の方、木の家での暮らしにご興味のある方、どうぞお気軽にご参加下さい。

 
薪ストーブのあるリビングがこの家の中心です。リビングの奥にはダイニングキッチンと書斎。
窓からは、新緑から紅葉、落葉と、四季折々に移り変わる里山の景色が楽しめます。
 
個室はすべてリビングに面するように配置しました。
主寝室は畳の間。襖を開ければリビングと繋げて広く使うことが出来ます。
2階には子供部屋と、仲の良いお子さん達が並んで勉強出来るカウンターを設けました。
 
吹抜けのあるリビングを中心に、家族みんなが楽しく暮らす家が出来ました。
 
もちろん、杉や桧、土などの自然素材を使った安全で健康的な家ですので、安心して暮らして頂けます。


1階平面図



2階平面図

 
<以前の完成見学会の様子>

 
 

日時
2019年10月27日(日)
第一部:10:00〜12:00
第二部:13:00〜15:00
第三部:15:00〜17:00
※ごゆっくり見学頂けるよう、時間帯を調整しますので、可能な方は申込時に第3希望までご記入ください。
※お申し込み時間枠内での出入りは自由です。
 
参加費:無料
場所 :愛知県春日井市
※メールにて住所と案内図を直接お送りさせて頂きます。
※お預かりした個人情報を営業目的で利用することはございません。

 

片流れの家、田んぼの中に上棟!

2019-09-19

田んぼに囲まれた気持ちの良い土地に、片流れの家が上棟しました。
 
それでは、木の骨組みが組み上がる上棟の様子をダイジェストでお届けします。
 
午前8時前、大工さんたちが現場に到着。
『七宝の家』では、総勢10名。
それぞれの現場で各々活躍している大工さん達が応援に来てくれました。
 
住まい手が到着した所で、棟梁と一緒に建物の4隅と中心をお神酒と塩で清めてもらいます。
 

 

 
工事の安全を祈念し、皆でお神酒を頂き作業開始!!
「よし、やるぞ!」と作業モードに切り替わる感じが格好良い。
 

 
まずは、一階の柱を建てていきます。
 
「木組みの家」は、その名の通り “木を組む” 構法です。
足下から屋根に向かって順番にパズルのように組み上げていきます。
 
玄関ポーチの枝付き柱も棟梁の手で建てられました。
 

 
続いて、2階の床梁を柱の上に掛けていきます。
組み方に応じて様々な加工が施され、通し柱の部分には、柱に梁を差し込むような加工もみられます。
 

 

 

 

 
午前中の作業は順調。
この調子なら1日で骨組みが組み上がりそうです◎
 
少しづつ形になりつつある家の中で昼食を頂き、午後から2階の柱へ。
 

 
そして、やってきました丸太梁!!
八百津の山へ行き、家族で選んだ丸太梁が家の中心にかかりました。
 

 

 
なかなかの存在感です◎
 
作業も大詰め。
 
屋根の板を支える、斜めの垂木を掛けていきます。
全長9メートルの木材が宙を舞う。
 

 

 
写真で見ると一本物にみえる垂木ですが・・・
実は、2本の木材を “金輪継ぎ” という方法で繋ぎ合わせています。
 
金輪継ぎのクサビを打込む作業を住まい手にも体験してもらいました。
棟梁がきっちり加工しているので、しっかり一体になりました。
 

 
無事に上棟!
大きな屋根の片流れの家がイメージできます。
 

 

 
Kさん、おめでとうございます!
皆さん、おつかれさまでしたー
 
yoshiyuki

徳島県、木頭杉の山へ(前編:木の乾燥と製材所)

2019-09-14

突然ですが、丹羽アトリエは『木の家』を設計しています。
皆さんご存知ですよね。
  
ですが、『木の家』といっても色んな種類があります。
私たちの設計する木の家は、真壁造という家の骨組みになる木材が全て見えている造りです。
そして、床や天井、造り付け家具などなど・・・
日々の暮らしが沢山の無垢の木に包まれる。そんな『木の家』です。
 
木がいつも目に入り、いつも木に触れている家なので、色艶、香り、肌触りの良い木で作りたいと思っています。
 
そんな良質な杉材を供給してくれている、徳島県のTSウッドハウス協同組合さんにスタッフで研修に行って来ました。
 
愛知から新幹線とバスを乗り継いで3時間。徳島県に到着です。(以外と近い)
 
TSウッドハウスの和田義行さんと合流し、初日は製材所などを見学させて頂きました。
 
製材所に到着するとまず目に入ったのは、こんな光景。
何をしている所か分かりますか?
 

 
製材した板を積み上げ、太陽の光と自然の風で乾燥させています。
私達は天然乾燥と呼んでいますが、木材の天日干しです。
 
7メートル超えの構造材も同じように乾燥させていました。
 

 
天然乾燥は良質な木材をつくるポイントの1つです。
ゆっくりじっくり乾燥させることで木が持つ本来の色艶や香りをしっかり留めてくれます。
 
(高温で強制的に乾燥させると、短時間でしっかり乾燥させる事が出来る反面、水分と一緒に色艶や香りの成分が抜けることが分かっています。魚の干物も天日干しの方が旨味が強いらしいです。)
 
製材所では、ちょうど『津島の家』の壁板の準備をしているところだったので、材料を選別している所を見学させて頂きました。
 

 
木は自然のものなので、色味や木目がひとつひとつ異なります。
それが自然素材の魅力でもありますが、中には、節が抜けていたり、色が悪かったり、目に見える部分に使うにはクセの強いものもあります。
今回は壁の仕上げ用なので、こうしたクセの強い物は別の用途にまわし、化粧材として使えるものを選んでいきます。
 
木材を生産する山側の人たちにも木をつかって良い家を建ててもらいたいという気持ちがあり、一丸となって家づくりに取り組むことの大切さを改めて感じました。
 
木材の乾燥や製材所の見学の終え、いざ山へ。
 
2日目は山へ入り、林業の見学です。
その前に、山の中の「四季美谷温泉」で温泉とジビエ料理を・・・
 
(後編:山編へ続く・・・)
 
yoshiyuki

ヤマザクラのダイニングテーブルと椅子

2019-09-11

さあ、いよいよ明日納品です!
 

 
海老名の 『いちごじまの家』 のダイニングテーブルと椅子です。
 
使った材種はヤマザクラ。 
 
木肌は滑らかで優しい感じ。
少し赤みがかった色合いが奇麗で、
経年変化によって変化する風合いもなかなか良い!
 

 
さぁーて、これを見た住まい手の反応はどんなかな?

1 / 3012345...最後 »
このページのtopへ

丹羽明人アトリエに
相談してみませんか?

TEL 0568-77-0638
FAX 0568-77-7024

〒485-0037
愛知県小牧市小針二丁目129番地

(c) 一級建築士事務所 丹羽明人アトリエ