丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

アトリエブログ

八百津の山へ遊びに行こう!! 〜植樹ツアー2018〜

2018-05-19

 
今年も、八百津の山に遊びに行きます!!
 
植樹体験で汗を流した後は、ホオバ寿司の美味しいお昼ご飯◎
 
生き物がいっぱいの野山に子供達も大はしゃぎ!
 
一緒に八百津の山に遊びに行きましょう!
 
(参加をご希望の方は、ページ下部の申込フォームよりお申し込み下さい。)
 
 
↓↓↓↓イベントチラシのダウンロードをご希望の方は、こちらからPDFデータをご覧下さい。


 

 

 
 

日 時: 6月10日(日) 
     9:30〜10:00 現地集合・受付
     10:00〜14:00 植樹体験ほか・現地解散
 
参加費: 大人(中学生以上)2,000円、小学生 500円
      *乳幼児は無料です。
      *参加費には傷害保険料が含まれています。
 
集合場所:丸河林業 岐阜県加茂郡八百津町潮見19(TEL 0574-42-1212)
服 装: 長袖長ズボン、長靴またはスニーカー、帽子、軍手、カッパ(雨天の場合)
持ち物: クワ、スコップ *現地にも大人用のクワをいくつか用意してあります。
申込方法:(1)下記申し込みフォームから送信
     (2)チラシ裏面の申込用紙に必要事項を記入し、FAXで申込
定 員: 40名(申込先着順)
 
※ご記入頂いたご連絡先、住所等を営業目的で利用することはございません。
 
 

※ページ内に申し込みフォームが表示されない場合、コチラのリンク先からもお申し込み頂けます。
 

カメラ講習

2018-04-24

丹羽アトリエ内で一眼レフカメラ講習をしました!
 
講師は丹羽。ホームページの写真を自分達で撮影しているので、より良い写真を発信できるようにと行われ、コーヒーやお菓子をつまみながら、カメラの仕組みや構え、設定方法などを勉強しました。
  

 

基礎を学んだら、次は実践練習です!
撮影ブースをつくり、同じ位置から2つの設定で撮ってみます。
 

 
それでは撮った写真を見比べてみましょう!
白いオブジェは両方ともピントが合っていますが、後ろの背景ははっきり見えたり、ぼんやり見えたりと。
設定ひとつでこんなにも見え方が変わるんですね。
 

 
 
 
構えもだんだん身に付いて来ました◎


 
 
今後のブログの写真でスタッフの上達ぶりをどうぞお見守り下さい。
 
keishiro

『極楽の家』木組みの家が上棟!!

2018-04-20

4月のはじめ、
丹羽アトリエの新年度は、『極楽の家』の建前というおめでたい日にスタートしました。
 
朝8時。
 
住まい手のFさんも楽しみにしていた「建前」の一日が始まりました。
 
棟梁と一緒に、建物の四隅と中心をお清めしていただき、作業開始です。
 

 
まずは、1階の柱を建てていきます。
その数、100本!
12センチ角の柱がリズムよく並ぶ様子は、何度見てもワクワクします。
 
足場の上から見下ろすアングルがオススメ◎
 

 
八百津の山で住まい手と一緒に選んだ2本の丸太柱も
山で育ったときと同じ距離感で、仲良く建ち上がりました。 
 

 
(丸太の伐採の様子はコチラ→(『極楽の家』大黒柱を伐採!)
 

 
柱の上下には、このように「ホゾ」と呼ぶ突起が伸びていて、
これを梁(はり:横方向の構造材)に開けたホゾ穴に差し込む事で、全体を立体パスルの様に組み上げていきます。
 

 

 
大工さんがカケヤをふるい、柱と梁がピッタリくっつく様子は、
「木組み」の建前ならではの、見ていて気持ちがいい瞬間です。
 

 
『極楽の家』の梁は最長で、なんと11メートル!
1本の木に見えますが、「金輪継ぎ」という技術で2本の木をつないでいます。
  
住まい手のFさん。
クサビを打込み、2本の木をしっかりつなぎ合わせる大役を見事にやり遂げました!
 
大工技術を体験する事で、
改めて大工さんの精度の高い丁寧な加工に驚かれていました。
 

 
順調に棟上げも終え、
2日間かけて家の骨組みができあがりました。
 
構造見学会に参加頂いた皆様にも、「木と土の家」の骨組みが組み上がる様子をご覧頂くことで、
骨太の構造材でつくる家の安心感を感じて頂けたのではないでしょうか。
 

 
Fさん、上棟おめでとうございます!
天気にも恵まれ、気持ちの良い建前になりましたね◎
 
棟梁、大工の皆さん、ご苦労様です!
 

 
 
「木と土の家」の心地良さを、家の骨組みが組み上がる段階からも感じて頂きたく、
4月21日(土)、22日(日)に、名古屋市瑞穂区でも構造見学会を開催します◎
 
「木の家」に興味をお持ちの方は、是非見学にお越し下さい。
 
詳しくはコチラ→(『瑞穂の家』構造見学会のご案内)
 
 
yoshiyuki

はじめまして

2018-04-11

はじめまして、この春から丹羽アトリエのスタッフとなりました鎌田です!
 
初めましての“ご挨拶”にかえて、このアトリエに所属するに至った経緯をお話しさせて頂きます。
 
今からちょうど一年前のある休日のこと。友達とロードバイクでサイクリングしていたとき、突然、焼き杉板貼りのかっこいい建物が目に入ってきました。引き寄せられるように近づいて行くと『一級建築士事務所 丹羽明人アトリエ』の看板が、、、!
帰宅後、早速ネットでこのアトリエについて調べてみると、ちょうど完成見学会の案内が掲載されていました。もちろん即応募。
その時は、“丹羽アトリエの設計した家を見てみたい!”その一心でしたが、学生の見学を受け入れてもらえるのかが心配で、あとで電話してみると答えはOK。『是非勉強しに来なさい』との返事を頂くことができました。
当日行ってみると、素敵な家構えがお出迎え。玄関から中に入ると、優しい木の香り、温もりのある室内空間が広がっていました。興奮しながら見て回っていると、背の高い優しそうなお兄さんが丁寧に説明してくれました。(森藤さん、その節はありがとうございました。)
それ以来、あの体験を忘れられず、丹羽アトリエで勉強させてもらえないかと直談判。オープンデスクとして通い始めて、植樹ツアーや刻み見学、建前見学などに参加させてもらい、住まい手やつくり手の方々にお会いしたりお話をしたりさせて頂きました。
その過程でどんどん木の魅力に取りつかれて行き、自分も丹羽アトリエの家づくりに参加して行きたいと強く思うようになり、こうしてスタッフとして働かせて頂くことになりました。
 
丹羽アトリエの鎌田としてみんなで楽しく『記憶に残る家づくり』が出来ればなと思います。
どうぞよろしくお願いします。


keishiro

お花見に行ってきました

2018-04-07

もう桜が散って、新緑が多くなってきましたが、桜が満開だった先週、
事務所の皆でお昼休憩を利用して、近くの堤防へプチお花見に行って来ました。
 
毎年 花冷え という言葉があるくらい、桜が満開の頃はとっても寒かったり、
冷たい雨の降る事が多いですが、今年はずっと暖かくて、お花見日和が沢山ありましたね。
 

 

 
カメラ講習に行っている丹羽は一眼レフカメラでパチリ。
 
 

 
個人でもインスタグラムをやっている私もスマホでパチリ。
 
 

 
森藤は...春の陽気のウキウキな気持ちを表現しようと、スキップしながら動画撮影♪
なかなかうまく撮れず、丹羽もスキップ参加(笑)
 
もちろんカメラ越しだけではなく、
暖かい陽射しの下でお弁当を食べながら、お花見を満喫しましたよ◎
 

 
お花見するぞーといって色々と準備をして、みんなで集まるのも楽しいですが、
お弁当と飲み物を持って、ちょっとした空き時間で気軽に行くのも良いですね。
お花見と、春の気分を十分に満喫できました。
 
 
 
 
みなさんは今年のさくら、楽しめましたか?
 
  
haruna

外壁の色決め

2018-03-28

桜が満開ですね♪
 
車で現場へ向けて車を走らせていると、
桜以外にも菜の花など春を感じる色が所々に見えて、春だな〜と心が和みます。
 
現場は、みよしの家へ行ってきました。
今日は、左官外壁の色決め、建具製作前の確認打合せです。
 

 
8種類程あるサンプルから最終的に残った4種類。
少し緑が入っていたり、赤や黄が入っていたりと、微妙にどれも色が違うんですよ。
 
またサンプルと違い、広い面に塗ると少し明るく感じたり、
陽の当り具合、朝日と夕日でも色の感じが変わるので、悩むところ...
 
どんな感じになるんでしょうか、お楽しみに!!
 
haruna
 

超コンパクトな家ができました!

2018-03-10

『 水北町の家 Ⅱ 』の完成見学会を開かせて頂きました。
 

 
 
二年前に新築した『水北町の家』の横に建てた10.5坪の平屋。
 
ご両親の為の終の住まいです。
 

 
超コンパクトハウスですが間取りはフルスペックです!
 
4畳のタタミの間が二つ
ダイニングキッチン
ウオークスルークローゼット
トイレ
脱衣室
浴室
そしてロフト。
 
 
見学に来られた皆さんが口にされる言葉が面白くって・・・、
 
  “ これで充分ね! ”
 
 

 
小さくても遊び心も忘れません!
 

 
 
幸せに楽しく暮らして頂ければ幸いです!!

『極楽の家』構造見学会(建前編)のご案内

2018-03-10


 
 
\『極楽の家』構造見学会<建前編>を開催します /
 
 
みなさんは、家づくりでどんな事を大切にしていますか?
 
「地震などの災害から家族を守ってくれる家」
 
これは家づくりを考える上でとても大切な事ですよね。
今回の構造見学会<建前編>では、
家の骨組みが組み上がる様子をご覧頂きながら、
安全・安心な家づくりについて、みなさんと一緒にお話が出来ればと思います。 
 
* 見学をご希望の方は、下部の申込フォームよりお申し込み下さい *
 
 
 

 
“ 木の家 ” “ 木造の家 ” といっても、さまざまな家づくりの考え方があることはご存知でしょうか?
 
丹羽アトリエのつくる “ 木と土の家 ” は、
「木組み・土壁」という、地震国で培われた日本の職人技術が活きる家づくりです。
大工の “ 手刻み ” だからつくれる本来の “ 木の家 ” を是非ご覧下さい。
 
 
 

 

桧(ひのき)の柱。杉の梁(はり)
構造材には、骨太な自然乾燥の無垢の木を使います。
もちろん、全て日本の山で育った木です。
 

「木組み」は、金物を使わずに木と木を一体的に組むことで家の骨組みをつくる構法です。
地震国で受継がれてきた大工技術『木組み』の安心感を現場で感じて下さい。
 

家の骨組みが組み上がると、『土壁』の作業がはじまります。
今回の構造見学会では、土壁の家には欠かせない「通し貫」にも注目して下さい。
「通し貫」とは、柱を貫通させて取り付ける木材で、
くさびでしっかりと固定することで、地震に対して柔軟で粘り強くはたらく骨組みができあがります。
 

丹羽アトリエの設計する家は、構造材を隠さない「真壁造り」の家です。
力強く、美しくデザインされた架構をご覧下さい。
 

大工の棟梁は、この日にむけて、一本一本の木を丁寧に手加工してきました。
建前の当日は、仲間の大工と一丸となって骨組みを組み上げます。
大工の掛声と掛矢(かけや)の音が響く、賑やかな建前の風景も『木組み』の家ならではの愉しみです。

 
 

 
 
『極楽の家』の紹介は→コチラ
 
 

日時:2018年 4月1日(日)、2日(月)
[午前]  9時00分 〜 12時00分
[午後] 13時00分 〜 17時00分
*職人の昼休憩の為、お昼の時間の見学はご遠慮下さい
参加費:無料
場所:愛知県名古屋市名東区
*お申し込み頂いた方には、住所と案内図をお送りさせて頂きます。
 
※申込時にご記入頂いたご連絡先、住所等を営業目的で利用することはございません。
 

『みよしの家』造作工事

2018-02-28

『みよしの家』の工事が進んでいます。
 

こちらは建前後。
 

屋根の瓦を葺き、壁の竹小舞を編み、土壁の土を付け、
建物の形が分かるようになってきました。
 

室内の方も、竹小舞を編んだ状態から
 

土壁を付け、床下地を組み、床が貼れました。
 
この後、板壁を貼ったり、幅木を付けたりと色々な材料の加工・取付けをしていきます。
 
丹羽アトリエの家では、室内の枠材や家具・建具といった物も既製品ではなく、
職人さんがこの家に合うように、材料の加工から手掛けているんですよ。
 

全部、化粧で見える物なので1つ1つ丁寧に取付けていきます。
 
 

細かい作業が続きますが、
完成まで、棟梁お願いしますね!!
 
 
haruna
 

お気に入りの薪ストーブを選ぼう!

2018-02-23

薪ストーブを選びに、住まい手と一緒に名古屋の日本暖炉さんへ。
 
寒い季節の薪ストーブの打合せは、暖かくて心地の良い時間です。
 

 
ヨツール、モルソー、ネスターマーチン・・・などなど。
 
北欧のメーカーを中心に、使い勝手やデザインの好みからストーブを決めていきます。
 
ストーブ選びで良く話題にあがるのは、
 
「ピザを焼きたい!」
「ダッチオーブンなどで料理がしたい!」
「ガラス面が大きくて、火がよく見えるものが良いなぁ。」
 
薪ストーブのある暮らしへの、楽しいイメージがどんどん膨らみます。
 
 
一方で、
 
「薪ストーブの暖かさは好きだけど、煙突からの煙が心配・・・」
 
という意見も。
 
今の薪ストーブは、
煙を二次燃焼することで、煙突からの排気を綺麗にする仕組みが備わっていて、
きちんと薪を燃やせば煙の心配はありません。
 
百聞は一見に如かず!!
 
展示用のストーブで実際に火を焚いて、煙突からに煙の様子を見てみると、
 
「煙見える? 見えないねー」
 
と、ホッとして頂けます。
 
 

 
 
薪ストーブ選びには、こんなポイントも!
 
薪ストーブには、「輻射(ふくしゃ)式」と「対流式」とがあり、
蓄熱性能のある土壁の家では、
ストーブ本体が熱をもち、遠赤外線による輻射熱で暖める「輻射式」がオススメです。
 
 
今回も素敵なストーブに決まりました!
 
火入れの日が楽しみです◎

yoshiyuki

2 / 2712345...最後 »
このページのtopへ

丹羽明人アトリエに
相談してみませんか?

TEL 0568-77-0638
FAX 0568-77-7024

〒485-0037
愛知県小牧市小針二丁目129番地

(c) 一級建築士事務所 丹羽明人アトリエ