春木の家・増築 〜 始まり 〜

久しぶりのブログ更新...丹羽アトリエスタッフの春奈です。
 
丹羽アトリエのFacebookでは少しお知らせした事もあったのですが、
10年前にアトリエで家を建てて下さった住まい手さんから、
子供も大きくなり、生活スタイルも変わってきて、
 
室内で洗濯物を干せるスペースが欲しい、
主人の寝室としての個室が欲しい、というお話を頂きました。
 
何回か打ち合わせをし、個室を2部屋増築する事に。
そしてサービスヤードは一部分を壁で仕切って床を貼り、
サービスヤードと個室へと続く前室としました。
 
既存の家もクローゼットの収納を増やしたり、
ロフトの手すりを板で塞ぎ、小屋裏収納にするなど、
今の生活で、もうちょっとこうだったらな〜という事も改善。
 
そして今回の工事と合わせて、建具の調整や器具の交換等、
ひと通りのメンテナンスも行いました。
 
 
増築部分は図面で見ると...(黒塗りの壁が今回の工事で新しく出来た壁です)

 
 
まず、現場で最初に行った作業は木で造ったバルコニーを切って縮める事。

 
木なので加工がしやすいですし、既製品で作った物ではないので、
決まった形に縛られる事なく、どんな使い方にもなりえる可能性が無限にあります。
 
...加工がしやすいと言っても、
空中にある材料を電動工具で加工するのは、ハラハラ・ドキドキでしたが。
 
 
そして、いよいよ建前!!
2部屋の増築と規模もコンパクト、そして重機は入れないので、
全て人力、人間レッカーです。(笑)

 

  
お互いに先を読みながら、廻りを見て気を配りながら、そうでないと建前はできません。
重い材を運んだり、高い所へ登ったりと危険と隣り合わせですから。
 
既存の建物との接合もぴったりと納まりました。

 
 
建前の様子を定点カメラで撮影してみましたので、ご覧になってみて下さい。

 
ひとまず、ほっとできた瞬間です...
まだ寒い2月初めの建前でした。
  
その後については、また後ほど!!
 
haruna

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です