その名も、フシ太郎!

道具マニアの『小針の家Ⅱ』の棟梁が、おもしろ大工道具を紹介してくれました。
 
その名も、「フシ太郎」
 

 
なにをする道具かというと・・・その名の通り木の節(ふし)と関係しています。
 
木の節には「イキ節」や「シニ節」などと呼ばれる物がありますが、
 
木の繊維がボソボソで抜け落ちてしまいそうな「シニ節」に埋め木をするために使うのが、
 
この「フシ太郎」です。
 
 
使い方は簡単!・・・そうなのですが、コツがいるのかも。
 
  
まず、テーパーきり(写真左)を電動ドリルに取り付け、「シニ節」の箇所を彫り込みます。
 
次に写真右の大きな鉛筆削りのようなものに、枝を差し込み、
 
こんな感じに!
 

 
彫り込みと同じ形に削った枝をはめ込み、表面を平らにして出来上がり!
 
ほら、簡単そうでしょ!?
 
これは「機会があれば是非やってみたい大工仕事リスト」に入れておきます。
 

 
道具が収まる重厚感のある木箱。焼き入れられたシンプルなネーミングが魅力的!
 
節も上手に取り入れる木の家づくりには、なるほど!!な、便利道具でした。
 
  
yoshiyuki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です