土壁塗りが進んでいます!


 
竹小舞が掻き終わり、大きな鳥籠のようだった現場は、
 
 

 
その後、土壁塗りの作業が進んで、
 
 

 
今、裏返し塗りをしています。
 
 

 
これ、土を送るポンプです。
40年選手なのだそうです。
 
なんだかジブリの映画に出てきそうな感じですね。
 
 

 
これが荒壁土です。
粘土分が多い土にワラがたっぷり抄き込んであります。
 
ワラは発酵して繊維質のセルロースとリグニンに分解されます。
セルロースはバインダーとなって丈夫な壁に。
そして、リグニンは糊のようにはたらいて土を硬く固めます。
 
ですから、土壁は強いのです。
 
この上に毛伏せ中塗りをする事で、
壁倍率1.5の耐力壁が出来上がります。
 
 
4月12日(土)に ”木と土の家 現場見学会” を開催致します。
 
会場は『押沢台の家』。
愛知県春日井市の高蔵寺団地内です。
 
詳しくはこちらをご覧下さい
 
akihito