建前に向けて作業は進みます!

来週末の30日(土)1日(日)に、
小牧の家が建前の日を迎えます。
 
(見学会のご案内はこちらから

 
今、大工さんの加工場では、着々と刻み作業が進められています。

 
木組みの刻みは人海戦術ではいきません。
一本一本、木の癖を読み取り、
微妙に墨付け加減を調整していかなければ行けないからです。
 

 
棟梁が墨付けをして、
弟子たちが刻み加工をしていきます。
 
この過程がだいじ!
 
この一つ一つの過程を経て、技術が伝承がされていくのですね。
 
ちなみにこのタイコ梁は、リビングに掛かるものです。
 
樹齢はおそらく70年ほどでしょうか。
腕っ節の強い下川君でも、転がすのにやっとやっと。

 
いい曲線でしょ。
一番玉(木の一番根元の部分)で、製材してもらいました。
根曲がりの部分を活かします。
 
この湾曲した形が大切なのです。
それは力学的な理由。

瓦屋根による上からの大きな加重を、
このタイコ梁が引き受けます。
 
 
こちらは検竿。

 
各部の寸法をこの角材に盛って行きます。
 
間違って墨付けをしないための大工の知恵ですね。
 
刻み加工は、まず絵図板(平面伏せ図)と検竿づくりから始まります。
 
 
 
この日、お施主さんにも作業の様子を見ていただきました。

 
棟梁の説明にも力が入ります。
 
 
と、上を見ると燕の巣!

 
毎年この時期訪れてくれるお客さん。
 
燕が巣を作ると『縁起が良い』 っていいますよね。
ありがたい、ありがたい!
 
 
建前見学会をしております。
是非皆さん、おいで下さい。
 
見学会のご案内はこちらから・・・。
 

 
あと、私にできることは晴天を願うことくらい・・・かな?
 
 
akihito

 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です