[御供所の家 Ⅱ ]その3・・・屋根の葺き替え

土葺きの瓦を総て降ろし終えました。
 

 
瓦の枚数は、
大屋根が約3180枚、下屋が1310枚。
合わせて4490枚です。
 
高く積み上げられた棟瓦や大きな影盛鬼瓦の重量も合わせると、
重量は17800kgです。
さらに葺き土の重量が約9000kgですので、
合計すると26800kgになります。
 
実にトヨタのプリウス20台分の重さが屋根の上に載っていたことになります。
 
 

 
そこで今回、「土葺き」を「桟葺き」に変えることで土を総て降ろし、
さらに、棟瓦を少し低くして、
鬼瓦も少し小振りのシンプルなもの変えることにしました。
 
この変更で減らすことができた重量は12500kg。
プリウス20台のうち、9台を屋根から降ろしたことになります。
 

 
 
地震で揺さぶられた時に掛かる負担は、
頭の上に載せた荷物が軽くなればなるほど小さくなります。
 
 
 
屋根が葺き上がりました。 
 

 
どうですか?
荷物が軽くなって、
少しホッとしているように・・・見えませんか?!