蓼科はもうすっかり秋でした。

土壁塗りが始まった「蓼科の庵」の現場に向かう途中、
あまりにも景色が綺麗だったので思わずパチリ !
 

 
八ヶ岳の裾野になだらかに広がる田んぼでは稲穂の黄金色が本当に綺麗で、
後ろに連なる八ヶ岳連峰のシルエットとのコントラストに見とれてしまいました。
 
 
さて、現場は順調に進み、いよいよ土壁塗りです。
 

 
二日間で木舞かき(木舞を編むこと)を終えて、
この日、一日で片面の土壁塗り完了。
 

 
少し乾かしてから、あと一日で裏返し塗りをして土壁は完了です。
 
“ 土壁は時間が掛かるでしょ!? ” とよく言われますが、
案外そうでもないんです。
 
ただ、若い職人さんが少なくなってしまいましたが・・・。
でも、熟練の技はまだまだ若者には負けていません !
 
 
akihito