城崎通の家、間もなく建前です!!

 

 
城崎通の家』は、構造材の加工がいよいよ終盤を迎えています。
 

 
こちらは先日、建て主のS様と訪れた刻み見学の様子。
 
構造材の上にある細長い角材を見ながら何やら話が進んでいます。
 
よーく見てみると、文字や記号がたくさん描き込んであります。
 
これは、この家のすべての高さ関係の情報が描かれており、
 
柱を加工する際の定規となる『間竿(※1)』という大工道具です。
 
※1:矩計棒、尺杖、柱杖など、様々な呼び名があるようです。
 
道具の紹介はここまで、次の機会にまたご紹介致しますね。
 

  
お日柄を見ながら建前のスケジュール調整を行い、
 
来たる5月13日(月)に建前を行うことなりました。
 
当日は見学会も行いますので、ご興味のある方は是非足をお運びください。
 
詳しくはこちらをご覧ください。
 
yuichiro 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です