土の建築を研究する・・・クラテール

先日、日本左官会議主催の、フランス グルノーブル国立大学の研究部門、「クラテール」のメンバーであるフランス人建築家と左官クラフトウーマンをむかえてのシンポジウムに参加してきた。
 
世界中の “土の建築” を、この「クラテール」は研究している。
 
・土を用いてエネルギーを浪費しない
・貧富の差を拡大しない
・その土地の建築文化を尊重する
 
そんな建築のあり方を探し求めて研究をしている。
 

 
実に、 世界中の住宅の75%が土の建築なのだとか。
 
なるほど確かに、
身近な素材で建てるとなれば、まずは “土”。 
 
 
このところ、
日本でも土壁の良さが見直されて来ているが、
フランスでも同じく、土でつくる家が注目されているらしい。
 
ただ、国が進める “省エネ化” とどう折り合いをつけるのかが課題だとか。
 
そこも日本の状況と同じ・・・!
 
数値だけでは評価しにくいのが “土壁” 。
  
  
省エネとは?
豊かな住まいとは?
建築の地域性とは?
 
そんなことを考えさせられた講演会でした。
 
akihito