『小針の家Ⅱ』を皆さんに見て頂きました!

8月2日は『小針の家 Ⅱ』の完成見学会を開催させて頂きました。
 
いま設計中、もしくは施行中のお施主様や、
家づくりを検討中の方々。
住まい手のお友達など、大勢の方々に見学して頂きました。
 
 

 
この家の規模は28.5坪の二階建て。
 
でも、見学に来て下さった皆さん、
異口同音に「40坪くらいあるんでしょ」とおっしゃいます。
 
初めてお会いする方には、いつもこの質問をしてみるのですが、
どの家も、だいたい2割から3割増しの広さ感があるようです。
 
 
吹き抜けによってリビングがゆったりして見えるからでしょうか。
 
リビングとダイニングやキッチンなどの繋がり方を工夫したり、
二階へも立体的に繋げることで空間に変化をつけているから、
奥行感が増すのでしょうか。
 
階段以外の廊下などの無いプランニングですから、
部屋の広さの割に、延べ面積が少ないのでしょうか。
 
 
いづれにしても、
実際の広さより2割も3割も広さ感が得られるということは、
2〜3割ローコストに建てることができたという事にもなりますよね。
 
都合のいい解釈でしょうか・・・笑。
 
 
 
少し工期が長く掛かってしまいましたが、
大おじいさんもおばあさんも。
ご両親も。
そして住まい手ご夫婦もR君も。
 
みなさん、「良い家ができた!」と喜んで下さいました。
 
 
ホッとするやら嬉しいやら・・・。
 
そして、自分の手から離れることが、
少し寂しくもあります。 
 
 
ご近所ですので、
またちょくちょく寄りますね!
 
 
akihito

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です