『柊山の家』配筋検査

現在、加工場では大工さんの刻みも着々と進んでいますが、
現場も建前に向けて着々と進んでいます。
 
今日は「配筋検査」。
基礎の鉄筋がきちんと施工されているかの確認です。
 

 
 
鉄筋同士の間隔であったり、つないだ部分の重なりや、
鉄筋にどれだけコンクリートが被るか等々、色々と決まりがあるんですよ。
 
 
 
 
鉄筋を組み終わり検査も済むと、コンクリートを打つのですが、
外仕事は天気の影響が大きいので、職人さんも頭を抱えていました。
今週は特に天気予報もコロコロと変わるので、困り者ですね...
何とか今週はもってほしいものです。
 
 
近々、建前見学会の案内も出します!!
”自然素材の家” ”木組みの家” 気になる方はぜひおいで下さい。
 
 
haruna

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です