里の子収穫祭

今日は北里小の毎年恒例の行事。
『里の子収穫祭』 の日でした。
 
前日から降ったりやんだりの雨が開会直前まで続き、
本当にやきもきしましたが、
開会式の5分前。
 
サッと雲が引き、一転して日が射してきました。
 
おお、神様は見捨てていなかった。
 
ありがたいありがたい!
 
オープニングは地元小牧のタイコの演奏グループ『塵輝』(じんき)さんの演奏でスタート。
 
下がぬかるんでいなければ青空の下でのオーップニングだったんですが、
少しだけ残念。
 

しかし、迫力満点!
もう最高でした。
 
天気が怪しかったにもかかわらず、
参加して下さった親子数、なんと900人余り。

体育館がはち切れんばかりでした。(ちょっと大げさ)

 
模擬店にも長蛇の列。

 
委員の皆さんがいろいろ工夫を凝らしてくれたことが、
この集客につながっています。
 
 
今年の収穫祭の目玉。
こちらは壁画制作。

 
「薄汚れた学校の壁をきれいにしたい」
という声から、6年生の六郎君の下絵にならって、壁画を制作しました。
 

下絵を見ながら、校長先生が前もって下書きをしてくださいました。
 
流石は、元、美術科の先生。
   うまい・・・!
 
テーマは、

“里の子の一年”
 
そして、

“里の子の一日”  です。
 
 
原画の作者、六郎君も
「新しい名所として親しんでもらえるとうれしい」
と、話してくれました。
 
 
akihito

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です