春奈の現場ルポ その2 (地盤改良)

いよいよ現場での工事はじまりです。

まず家を建てるにあたり、あらかじめ土地の地盤調査をしているので
その結果を元に地盤の補強が必要かどうか、どの工法が良いか等を検討します。
 
小針の家 Ⅱ は『表層改良』という方法で地盤の補強を行います。
 
 
家が建つ部分より少し広い範囲を掘削してきます。
 

 
 
 
地盤を固めるためセメント系の固化材を入れ
 

 
 

 
改良深さまで掘削しながら固化材と土を混ぜていきます。
 
 
 
 

 
今回は1m30cm ほどの深さまで改良します。人がすっぽり...
この分厚い補強した地盤に家が乗るんですね。
 
 
 

 

 
全体に粉と土が均一に混ざったら、高さを確認しながら機械でおさえていきます(転圧)。
 
 
 
 

 
改良前と後では見た目はそんなにかわらないですが、転圧してから1日、2日で
釘が刺さらないくらいに固くなっています。
 
 

既にあるものが敷かれていますが、それはまた次回。
 
 
 
haruna
 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です