『阿久比の家』を体感!

ブログ更新が止まっていた『阿久比の家』の現場に行ってきました。
 
さて、今の様子はというと・・・・・・
            ・・・・土壁がついて、こんなにも家らしくなっています!!
 
 
僕の頭の中では、背景は湖の畔。
 
高さを抑えた小さな平屋の家は、とてもおおらかな佇まいでした。
 

 
 
中にお邪魔すると、
 
上棟時と比べて、ずいぶん部屋らしくなっています。
 
部屋らしく・・・って何だか変な言い回しですが、
 
柱と梁、屋根の状態では部屋と部屋の境目が見いだしにくく、ここが居間ですって言われても
 
「ん〜〜。」と、イメージし辛いんです。
 

 
上棟からおよそ2ヶ月、大工さんが床の下地を取り付け、壁屋さんの土付け作業が終わると、
 

 
居間の床に立ったときに、外がどんな感じに見えるんだろう。
 
この窓からは気持ちの良い風が入ってくるなあ。
 
ここにソファを置いて・・・そこにテーブルを置くと・・・なるほど!
 
と、完成した部屋の居心地の良さが感じ取れます。
 
このイメージをもっと早い段階で認識できるようにならなければ・・・
 
一人前への道のりは長いのです。
 
 
yoshiyuki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です