日野の家 完成が見えてきました!

日野の家は二世帯分離型住宅です。
 
 
一階の半分が親世帯。
そしてもう半分と二階が若世帯のエリアです。
 
去年の夏に着工しましたから、もうすぐ一年が経ちます。
 
工期が1年と聞くと、
「ずいぶん長い工期ですねぇ〜」 と思われるかもしれませんが、
それだけの時間を掛ける理由があるのです!
 
それはのんびりつくっているからではなく、
それだけ丁寧につくっている結果でもあります。
 
自動制御の機械に乗っけて加工するのではなく、
熟練の大工さんが一本一本確認しながら刻んでいるから。
 
また、土壁を乾かす為の時間も必要です。
 

 
 
でも、この1年近い時間はお施主さんにとっても、むしろ大切な時間。
 
なにせ初めての家づくりですから、
一つずつじっくり検証し、確認しながら進めていきたいですよね。
 
子ども達もだんだん出来ていく様子を見ながら楽しんでくれていました。
土壁塗りや床板のオイル塗りも体験できました。
きっと、みんなの記憶にしっかり刻み込まれた家づくりになったはず。
 
考えて納得して進むリズムと現場が進むリズムが一緒だと、
ストレス無く家づくりを楽しめますよね!
 
 
そんな納得の家づくりも終盤を迎えました。
 
来月中旬には完成の日を迎えますので、
見学会の日程が決まり次第、またこのHPでご案内をさせて頂きま〜す。
 

 
 
akihito