祝上棟! 押沢台の家 

新年、目出たくも、押沢台の家が上棟致しました。
前日からの寒波で12日はとても冷え込んで霜で真っ白な朝8時。
お施主様にご挨拶を頂いたあと、
工事の安全を祈念して、
お神酒とスルメで乾杯!
 
さあ、レッカー始動です。
 

 
この家の施行をお願いした工務店はカワイ建築さん。
「丹羽アトリエの木組みの家を是非造ってみたい!」と、
熱いオファーを頂いてましたが、
あれから約3年。
この現場が河合さんの地元高蔵寺であることと、
その他、諸々の条件が整って、
今回はじめて施行をお願いすることとなりました。
 
木組みの様子を動画でご覧下さい。
 

 
今日の寒い建前に備え、
施主のMさんが大きなヒーターやドリンクウォーマーをレンタルして、
休憩所を設営して下さいました。
いや、本当にありがたく感じました!!
 

 

 
作業は順調に進んで躯体が組み上がると、
いよいよ3センチの厚みの屋根野地板の打付けです。
 

 
しかし、結構な屋根の面積ですから、
これだけの枚数を釘打ちするのは大変。
流石の大工さんでも、仕舞には手に力が入らなくなってしまうほどです。
 
 
さて、
せっかくの機会ですから、
お施主様にも是非建前の作業を体験して頂きたいと思い、
いつものように、この野地板打に参加して頂きました。
 

ヘルメットをしっかりかぶって、
 

金槌もって、いざ!出発。
 

大工さんも、暖かく見守ります。
 

足場に注意して・・・。
 

はい、それでは春奈(大工歴8年の丹羽アトリエスタッフ)のマンツーマン指導です。
 
板と板を密着させるために釘に角度をつけて打ち込むことや、
繊維にそって裂けないように釘の位置を千鳥にすること。
金槌の重みを使って振り下ろすことなど、
ちょっとしたことですが、でも大切な、
木を少しでも上手く活かすコツなどを伝授してました。
  

 
完成すると、こんな感じに見えるはずです。
 
 
建前初日の最後は、
棟札を掲げて、
この先の工事の “ 安全 ” と、
この家の ” 家栄 ” を祈念して、
全員で拝礼を致しました。
 

 
どうか “ 幸せな住まい ” となりますように・・・!

 
 
akihito
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です