丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

アトリエブログ

春奈の現場ルポ その10(屋根 板金工事)

2014-02-05

屋根に荒野地板を敷いてからは、アスファルトルーフィングという防水シートを敷き、
その上に瓦、又はガルバリウム鋼板で屋根を葺きます。
 
 昔は瓦屋根が多く、湿式工法といって土を沢山屋根にのせて瓦を葺いていましたが、
今は乾式工法といって土は使わずに、
瓦や板金を釘やビスで止めつける工法が主流になっています。
 
「瓦屋根だと重いから地震に弱い」...とよく聞きますが、そうではありません。
確かに屋根が重いと重心が高くなる為、地震による建物への力のかかり方が多少大きくなります。
しかし湿式工法に比べると、土を使わない分軽くなっていますし、
十分な構造計画をすれば、瓦屋根でも全く心配はいりません。
 
 瓦にするか鋼板にするかは好みや予算その他に、
外観のデザインや、内部空間の構成による屋根勾配によっても変わってきます。
板金の場合は勾配が緩くても葺く事ができるので、ゆったりとした流れの屋根もできます。
瓦の場合は4寸勾配以上と決まっているので、屋根が高くなりますが
その分天井の高い吹き抜けや、小屋裏スペースを大きく取る事ができます。
 
この様に色々な点を考慮して、一番最適な物を選んでいます。
 
 

そして現場ですが...
『小針の家 Ⅱ』の屋根は、ガルバリウム鋼板の縦ハゼ葺きです。
  

 
大屋根の上から下までの12m70cmを1枚で葺いていきます。
まず始めに全体の納まりを見ながら割り付けを確認します。
 
葺き始めると、その後の作業は思いの他スピーディーに進められていきました。
 

 

 

 
縁廻り(軒先やケラバ)は手加工で幅を落とし、
その後「つかみ」という道具で、名前のとおり鋼板をつかんで折り曲げていきます。
 

 

 
 

 
 
これで屋根は完成です!!
 
 
haruna

このページのtopへ

丹羽明人アトリエに
相談してみませんか?

TEL 0568-77-0638
FAX 0568-77-7024

〒485-0037
愛知県小牧市小針二丁目129番地

(c) 一級建築士事務所 丹羽明人アトリエ