『河北の家』 一年が経ちました

『河北の家』が完成して一年が経ちましたので点検に行ってきました。
 

 
庭木もだいぶ根付いてきたようで、
枝振りも元気そうです。 
 
ん? 
何やら、お庭の様子に変化が・・・。

飛石と簾をDIYされてるご様子。
 
簾をこうして斜めに下げることで縁先に陰が落ち、
日射による輻射が減って、
うんと涼しくなります。
 
 
 
さて、一年点検では一点、
建具の建付けを調整。
 
無垢の柱や梁、建具は竣工後、
その場の環境に馴染んでいく過程で、
少しだけ変化がおきる場合があります。
 
玄関からリビングに入る格子引戸の建付け柱の背割りが、
完成後に進んだ乾燥によって少しだけ開いたようです。
  

 
早速、際鉋で戸ジャクリ部分を削ってもらい・・・。

はい、完了です!
 
 
と、何やら美味しそうな匂いがしてきましたョ。
 

 
今日のもう一つの目的はこの家の一才のお祝いパーティー。
家づくりでお世話になったつくり手にも感謝を込めて、
ご馳走を振る舞って頂けるとのこと。
 

 
お昼からお酒が頂ける・・・なんてことは、
そう、元旦くらいでしょうか。
 
家づくり談義に花が咲き、
おいしい料理とおいしいお酒で・・・うん〜 幸せな気分!
 
そして、
食後のデザートに、 一同 驚き !!!

 
図面と写真を渡してケーキ屋さんに作ってもらったのだとか・・・。
ちゃんと玄関ポーチの丸太柱も窓も再現されています。
 
住まい手の、
この家をまるで家族の一員かのように大切に思われている気持ちが伝わってきます。 
 
感無量です!
 
 
最後に、家づくりの様子をまとめた動画に感動!
 
是非、ご覧あれ。
 
http://www.youtube.com/watch?v=CphdWTqFvuY
 
 
akihito

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です