丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

アトリエブログ

『石尾台の家』上棟&餅投げ

2018-07-27

気持ちよすぎるくらいに晴れた日。
『石尾台の家』が建前をむかえました。
 
住まい手さんと棟梁で建物をお清め頂き、
 

 
作業開始!!
まずは柱を建てていきます。
 
柱には一本一本に番号が記してあり、どこの柱かは一目瞭然。
作業をスムーズにする大工の知恵ですね。
あっという間に一階の柱が建ち上がっていきます。
 

 
折角の機会と思い、住まい手のIさんにも柱建てに参加してもらいました。
 
「これはパパが建てた柱だ」と、娘さんに自慢して下さい^^
 

 
次は、柱の上に梁を組んでいきます。
 
「木組み」の構法は、大工さんの手で組み上げられる、頑丈な木のパズル。
建物の足下から順に、
上へ上へと組み上げていきます。
 

 
今回は、最長で8メートルの一本もの!
レッカーで、ながーい木材が宙を舞います。
 
青空を背に骨太の木材がつり上げられる様子は何度見てもワクワクします。
 

 
本当に建前日和の最高の天気。
 
とはいえ、予想最高気温は39度・・・
水分補給をとりながら安全第一で進めましょう。
 
いよいよ・・・今回の建前のメインが登場!!
 
直径は36センチ。7メートルの丸太梁!!
 


 
昨年の冬に八百津の山で一緒に選んび、目の前で伐採してもらった丸太梁です。
リビングの真ん中にかかる「石尾台の家」の象徴的な存在になります。
 
伐採の様子はコチラ
 
棟上げも終え、本日の作業はこれまで!
 

 
おや。
作業終わりを見計らって沢山の人が集まって来ました。
実は、これからもうひとつお楽しみが。
 
石尾台は高蔵寺ニュータウンの中でも高齢化が進む地区にあたります。
住まい手Iさんご家族は、
自分たちが住む事で少しでも地域が元気になれば良いなぁと考えていました。
 
そこで、骨組みが建ち上がる建前の日に挨拶も兼ねて餅投げをする事に◎
 
棟上げを終えた頃には、
地域の方や、住まい手のお友達、話しを聞きつけた近くに住む丹羽アトリエの住まい手の方々^^
本当に沢山の人で賑わっていました。
 

 
娘さん2人の力作の効果は抜群でしたね^^
 
Iさんに一言頂き・・・いよいよっ!
 

 
「そーれ!」 「そーれ!」 
「わーーーー」 「こっちに投げて!」
 
「これで最後!!」
 
拍手喝采。Iさん上棟おめでとうございます◎
 
餅投げの後に、地域の方とお話しすることができ、
家が出来上がるのをとても楽しみにしている様子でした。
 
本当に思い出に残る一日になりました。
 
 
Iさん!
小さい頃は餅投げによく遊びに行っていました。
まさか撒く方を経験出来るとは! ありがとうございます^^
 
yoshiyuki

大工さんの加工場見学

2018-06-09

5月の初旬に地鎮祭をしました 「応時の家」。
 

 
 
地鎮祭後から現場では早速、基礎工事が始まり、
梅雨に入ってしまう前に〜と作業は急ピッチに進みました。
 

 
 
そして現場とは別で、
大工さんは4月初旬の契約後から材料の墨付けや加工作業にとりかかってくれています。
 
そこで今日は、住まい手さんと一緒に 「大工さんの加工場見学」 へ行ってきました◎
 
 
まずは、この磨き丸太の柱とご対面〜
 

 
この柱は、今年の始めに住まい手さんと一緒に八百津の山へ行き、
立ち木を選び、目の前で伐採してもらった木なんです。
 

 
覚えてくれてるのかなぁ〜 嬉しそうにたくさんナデナデしてくれてました♪
 
 

 
この材料は、家の土台や柱に使う 桧(ひのき)材です。
大きさは12㎝×12㎝の角材...この木材、山に生えてから何年経った木か分かりますか?
 

 
輪っかの模様になっている、年輪(ねんりん)がいくつあるか数えると何歳の木かが分かるんです。ちなみに写真の木はおおよそ 「50歳」。
皆さんの予想はどうでした? 目にする機会があったら数えてみて下さいね。
 
 

こちらは、梁に使う杉材。 大工さんがノミで加工しています。
 

 
「杉の木、良い香りするでしょー」
 
「ちくわの匂いがする!!」
 
おいしそうな香りでした(笑)。
 
 
他にも、大工さんの昔からの知恵を学んだり
 

 

 
 
木の切れ端をたくさんお持ち帰り◎
 

 
まだ住まい手さんは今の段階で材料をみても、これがどう組み上がって家になるのかが、ピンとこない方が多いです。
建前を見ると 「あの時見たのが、こうなるんですね!!なるほど〜」 となりますよ。
楽しみですね!!
 
 
haruna
 

玄関の表情

2018-06-07

「みよしの家」 玄関の床に敷く石を決めてきました。
 
 
 
石の種類もですが、表面の仕上げ方も
 
小たたき仕上げ
ノミ切り仕上げ
ビシャン仕上げ
ショット仕上げ
バーナー仕上げ
 
と、サンプルで持ってきただけでもこんなに。
 
好みはもちろん、壁の色や家の雰囲気と合わせてみてどうか、
それ以外にも、国産か中国産かによる色の違いや、金額と納期の違いも。
悩んじゃいますよね。
 
既製品ではなく、これから加工してもらう物なので、
石の大きさや厚み、敷き方は家の雰囲気に合わせてデザインしていきます。
 
 
haruna
  

家が出来るまでも楽しく

2018-05-29

設計段階では間取りが決まってから、収納・電気・設備機器・仕上げ等、何回か打合せをします。
「どんな風が良いかな〜」、「こんな感じにしたいな」
と、写真やスケッチを見たり完成見学会へ行ったりして、自分たちの家を想像しながら決めていきます。
 
その打合せも、もちろん楽しいのですが、
工事が始まってから家が出来るまでも楽しんでもらいたい!
「木と土壁の家」の良さをもっと知ってもらいたい!
という思いから、住まい手さんには色々な体験の提案をしているんです。
 
今回はその一部をご紹介しますね。
 
工事が始まってから最初のお楽しみ体験その1は、「地鎮祭」。
 

 
地鎮祭が初めての方にとっては、何を準備したらいいのか、どんな風に何をするのか...
不安とドキドキではないでしょうか。 それもまた、楽しみの1つなんです。
 
地鎮祭が終わると現場での工事と、大工さんの加工場での材料加工が始まります。
 
  
そしてお楽しみ体験その2は、「大工さんの加工場見学」。
 
丹羽アトリエの木組みの家では、家の骨組みとなる柱や梁といった材料を、大工さんが1本1本色や反り具合等を見ながら加工していきます。
それを実際に見ながら昔からの大工さんの知恵や、建ってからでは見えなくなってしまう加工の技術を学んでいきます。
 

番付(ばんづけ)の付け方、読み方についてのお勉強中。
 

鉋削りの体験をしたり。
 

この細い角材4本も、立派な道具なんですよ。見たことありますか?
...とそんな事を、見たり体験してもらったりしています。
いつも皆さん始めて見聞きする事ばかりで、関心しっぱなしです。
 

大工さんの加工が出来ると、いよいよ家の骨組みを組み上げる日となります。
それがお楽しみ体験その3、「建前(たてまえ)」です。
 

まずは住まい手さん、大工棟梁、丹羽とで建物の四方をお清め。
 

住まい手さんから、大工さんたちへの一言。
 

柱建て体験。
 

金輪継ぎ(かなわつぎ)の、くさび打ち体験。
 

屋根の釘打ち体験。(屋根の勾配によっては危険なので出来ない場合もあります。)
 
建前は家づくりの中では一大イベント。
住まい手さんにも楽しんでもらえるようにと、ちょっとした事ですが色々とお楽しみ体験が満載です!!
 
 
建前が終わってから約1ヶ月後、土壁の下地となる竹小舞が編まれました。
 

タイミングが合えば、竹小舞編み体験も出来ます。
 
 
次のお楽しみ体験その4は、「荒壁付け体験」。
編まれた竹小舞に泥を塗り付けていく作業の体験です。
 

泥を付けるだけ...と言えばそうで、職人さんのお手本を見るとスイスイ〜とやってしまうので、簡単そうに見えるんです。
...が、やってみると押さえの力加減、コテの使い方、仕上りを考えての塗り厚さ等々、奥が深い!!
 
ちょっとした事でも自分で体験してみると、記憶に残るのはもちろん、家にも愛着が湧きますし、
新しい気付きや、物の見方が変わったりと、とっても良い経験になりますよ。
 
子供たちも、新しい体験には興味津々。

 
家づくりを通して、山や木・土など環境の事、職人さんの事などを知ってもらう事で、
どんな風に感じて、感じた事がどう変化していくのか、成長が楽しみです。
 
今回紹介した以外にも、楽しい体験はまだまだあります◎
一緒に家づくりを楽しみましょう!!
 
 
haruna

『極楽の家』木組みの家が上棟!!

2018-04-20

4月のはじめ、
丹羽アトリエの新年度は、『極楽の家』の建前というおめでたい日にスタートしました。
 
朝8時。
 
住まい手のFさんも楽しみにしていた「建前」の一日が始まりました。
 
棟梁と一緒に、建物の四隅と中心をお清めしていただき、作業開始です。
 

 
まずは、1階の柱を建てていきます。
その数、100本!
12センチ角の柱がリズムよく並ぶ様子は、何度見てもワクワクします。
 
足場の上から見下ろすアングルがオススメ◎
 

 
八百津の山で住まい手と一緒に選んだ2本の丸太柱も
山で育ったときと同じ距離感で、仲良く建ち上がりました。 
 

 
(丸太の伐採の様子はコチラ→(『極楽の家』大黒柱を伐採!)
 

 
柱の上下には、このように「ホゾ」と呼ぶ突起が伸びていて、
これを梁(はり:横方向の構造材)に開けたホゾ穴に差し込む事で、全体を立体パスルの様に組み上げていきます。
 

 

 
大工さんがカケヤをふるい、柱と梁がピッタリくっつく様子は、
「木組み」の建前ならではの、見ていて気持ちがいい瞬間です。
 

 
『極楽の家』の梁は最長で、なんと11メートル!
1本の木に見えますが、「金輪継ぎ」という技術で2本の木をつないでいます。
  
住まい手のFさん。
クサビを打込み、2本の木をしっかりつなぎ合わせる大役を見事にやり遂げました!
 
大工技術を体験する事で、
改めて大工さんの精度の高い丁寧な加工に驚かれていました。
 

 
順調に棟上げも終え、
2日間かけて家の骨組みができあがりました。
 
構造見学会に参加頂いた皆様にも、「木と土の家」の骨組みが組み上がる様子をご覧頂くことで、
骨太の構造材でつくる家の安心感を感じて頂けたのではないでしょうか。
 

 
Fさん、上棟おめでとうございます!
天気にも恵まれ、気持ちの良い建前になりましたね◎
 
棟梁、大工の皆さん、ご苦労様です!
 

 
 
「木と土の家」の心地良さを、家の骨組みが組み上がる段階からも感じて頂きたく、
4月21日(土)、22日(日)に、名古屋市瑞穂区でも構造見学会を開催します◎
 
「木の家」に興味をお持ちの方は、是非見学にお越し下さい。
 
詳しくはコチラ→(『瑞穂の家』構造見学会のご案内)
 
 
yoshiyuki

外壁の色決め

2018-03-28

桜が満開ですね♪
 
車で現場へ向けて車を走らせていると、
桜以外にも菜の花など春を感じる色が所々に見えて、春だな〜と心が和みます。
 
現場は、みよしの家へ行ってきました。
今日は、左官外壁の色決め、建具製作前の確認打合せです。
 

 
8種類程あるサンプルから最終的に残った4種類。
少し緑が入っていたり、赤や黄が入っていたりと、微妙にどれも色が違うんですよ。
 
またサンプルと違い、広い面に塗ると少し明るく感じたり、
陽の当り具合、朝日と夕日でも色の感じが変わるので、悩むところ...
 
どんな感じになるんでしょうか、お楽しみに!!
 
haruna
 

超コンパクトな家ができました!

2018-03-10

『 水北町の家 Ⅱ 』の完成見学会を開かせて頂きました。
 

 
 
二年前に新築した『水北町の家』の横に建てた10.5坪の平屋。
 
ご両親の為の終の住まいです。
 

 
超コンパクトハウスですが間取りはフルスペックです!
 
4畳のタタミの間が二つ
ダイニングキッチン
ウオークスルークローゼット
トイレ
脱衣室
浴室
そしてロフト。
 
 
見学に来られた皆さんが口にされる言葉が面白くって・・・、
 
  “ これで充分ね! ”
 
 

 
小さくても遊び心も忘れません!
 

 
 
幸せに楽しく暮らして頂ければ幸いです!!

『みよしの家』造作工事

2018-02-28

『みよしの家』の工事が進んでいます。
 

こちらは建前後。
 

屋根の瓦を葺き、壁の竹小舞を編み、土壁の土を付け、
建物の形が分かるようになってきました。
 

室内の方も、竹小舞を編んだ状態から
 

土壁を付け、床下地を組み、床が貼れました。
 
この後、板壁を貼ったり、幅木を付けたりと色々な材料の加工・取付けをしていきます。
 
丹羽アトリエの家では、室内の枠材や家具・建具といった物も既製品ではなく、
職人さんがこの家に合うように、材料の加工から手掛けているんですよ。
 

全部、化粧で見える物なので1つ1つ丁寧に取付けていきます。
 
 

細かい作業が続きますが、
完成まで、棟梁お願いしますね!!
 
 
haruna
 

お気に入りの薪ストーブを選ぼう!

2018-02-23

薪ストーブを選びに、住まい手と一緒に名古屋の日本暖炉さんへ。
 
寒い季節の薪ストーブの打合せは、暖かくて心地の良い時間です。
 

 
ヨツール、モルソー、ネスターマーチン・・・などなど。
 
北欧のメーカーを中心に、使い勝手やデザインの好みからストーブを決めていきます。
 
ストーブ選びで良く話題にあがるのは、
 
「ピザを焼きたい!」
「ダッチオーブンなどで料理がしたい!」
「ガラス面が大きくて、火がよく見えるものが良いなぁ。」
 
薪ストーブのある暮らしへの、楽しいイメージがどんどん膨らみます。
 
 
一方で、
 
「薪ストーブの暖かさは好きだけど、煙突からの煙が心配・・・」
 
という意見も。
 
今の薪ストーブは、
煙を二次燃焼することで、煙突からの排気を綺麗にする仕組みが備わっていて、
きちんと薪を燃やせば煙の心配はありません。
 
百聞は一見に如かず!!
 
展示用のストーブで実際に火を焚いて、煙突からに煙の様子を見てみると、
 
「煙見える? 見えないねー」
 
と、ホッとして頂けます。
 
 

 
 
薪ストーブ選びには、こんなポイントも!
 
薪ストーブには、「輻射(ふくしゃ)式」と「対流式」とがあり、
蓄熱性能のある土壁の家では、
ストーブ本体が熱をもち、遠赤外線による輻射熱で暖める「輻射式」がオススメです。
 
 
今回も素敵なストーブに決まりました!
 
火入れの日が楽しみです◎

yoshiyuki

『極楽の家』大工さんの加工場へ

2018-02-20

春に上棟を予定している『極楽の家』は、大工さんが柱や梁などの手刻み加工真っ最中です。
 
継手や仕口といった加工が出来上がりつつあるという事で、
住まい手のFさん家族と一緒に加工場の見学に行ってきました。
 
加工場に到着すると、目の前に桧の丸太柱が!
 

 
「この木は、もしかして・・??」
 
そうです!
 
八百津の山でみんなが選んだ大黒柱です◎
 

 
山で見た時とは随分雰囲気が変わりましたね。
 
みんなと伐採した後に、
乾燥させ、樹皮を剥き、磨き・・・
こんなにも光沢のある「磨き丸太」になりました。
 
 
「んぬー・・・えい!」
 

 
家を支える柱の重さを感じられるのも、このタイミングならではの経験ですね。
 
 
「これなに?」 「あれは?」 「この木、貰って帰っても良いかなぁ」
 
 
初めて見る大工さんの仕事場に子供達も興味津々。
 
大工さんからカンナの研ぎ方のレクチャーも受けました◎
 

 
もちろん、綺麗に研いだカンナで杉の削り体験も!
 

 
みんな夢中になりすぎて、
木の香りいっぱいのカンナくずのお土産を沢山持って帰りました。
 
 
 
Fさんから、
「子供達にとっても、凄く良い経験になりました!」と、連絡を頂きました。
嬉しい一言◎
 
賑やかな建前の一日や、土壁付けなど、
職人さんとつくる「木と土の家づくり」でしか経験出来ないことがこれからも沢山あります。
 
まだまだお楽しみください!
 
 
yoshiyuki
 

1 / 1412345...最後 »
このページのtopへ

丹羽明人アトリエに
相談してみませんか?

TEL 0568-77-0638
FAX 0568-77-7024

〒485-0037
愛知県小牧市小針二丁目129番地

(c) 一級建築士事務所 丹羽明人アトリエ