丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

facebook

家に使う木はどこの木?

2017-11-10

今年2回目となる、八百津の山での伐採。
 
丹羽アトリエでは、丸河林業さんとの出会いから13年程。
毎年、春には木の苗木を植える「植樹ツアー」を行っています。
 
秋には、家づくりのスケジュールとタイミングが合うと、
山へ行って自分達の家に使う材木、主に家の中でメインとなる丸太梁や、
良く見える所に立つ丸太柱等、数本を自分達で木を選び、
目の前で伐採するという体験をしてもらっているんです。
 
今回の伐採は「瑞穂の家」と「石尾台の家」の住まい手ご家族。
2家族合わせて、杉の丸太梁を3本、桧の丸太柱を8本の合計11本。
 
 
それでは、山へ入って木を選んでいきましょー
 

 

 
家に合う太さと、曲がりの有り無し、そして1番重要なのは...インスピレーション!!
 
木が決まったら御神酒と塩を撒き拝礼。
 

 
自然の恵みへの感謝と、私達より先輩の木を伐らせて頂く事、
そしてこれからは家をしっかり支えて下さいねとお願いしました。
 

 
 
さあ、いよいよ!!
 

 

 
  
伐った後は記念撮影。
完成した家に是非写真を飾ってほしいな〜
 

 

 
 
木のスライスをプレゼント
 

 
しばらくは乾かしながら香りを愉しんで、その後は鍋敷きや花台などに使っても良いですし、
もちろん、記念に飾っておくのも良いですよね。
 

 

 
 
いつもは午前中に作業が終わり、河方さんのお宅でお昼を頂いているのですが、
今回は伐る本数が多く、お昼をまたいでしまうという事で...
なんと、奥様たちが山までお昼を届けに来てくださいました!!
 

 
自然の中で、そして皆で食べるご飯はとってもおいし〜い♪
 
  
今日伐った木は、しばらく山に倒したまま葉枯らし乾燥をさせます。
その後山から出し皮を剥き、また数ヶ月間かけて乾燥させてから、
加工する大工さんの元へ運ばれていきます。
 

皮剥き後、乾燥中の丸太
 
自分たちの住む家の木が、どこに生えていて、誰が育てたのか...
 
家を建てるのって、すごく沢山の職人さんが係わっているんです。
誰が造ってくれたのかが分かると、その物に対しての感じ方が変わりますよね。
そんな、顔の見える家づくりをしています。
 
 
帰りは、いくつか寄り道しながら帰りまーす。
それはまた、別で書きますね◎
 
haruna

“ 手刻み ” でじっくり丁寧に!

2017-11-08

今年の秋は、本当に雨の日が多かったですね。
 
そんな不安定な天候を縫って、
汗ばむほどの晴天の日に『 小牧の家 Ⅱ 』が建前の日を迎えました。
 
 

 
朝8時前。
建物の四方と中心をお施主様と棟梁にお清めをして頂き、
さあ、作業開始!
 
 
この家は延べ約60坪の、ほぼ総二階建。
 

 
骨組みは、
合計12本の通し柱が二間グリット(3.6mグリット)に建ち、
その間を『車知栓』や『長ホゾ込栓』などによって、
梁を繋いでいく構造です。
 
 
 
機械によって加工する『プレカット工法』とは違って、
大工さんの手によって、
一本一本丁寧に墨付けをして、刻み加工をしていくことを『手刻み』といいます。
 
自然素材である『木』には一本一本個性があります。
木目の雰囲気や色合いが違ったり。
節の数や大きさのバリエーションや、
場合によっては多少の反りが有るものも有ります。
 
そんな、それぞれの特徴が活きるように読み解きながら木を使う技術。
それが大工による『手刻み』です。
 
一つ一つの個性を上手く活かすことで、
木の家は、ぐっと魅力を増していくのです。
 
 

 
この家の棟梁は今井さん。
 
はじめて建てて頂いた『島宮の家』からはや18年。
もう随分長くお世話になっています。
 
どうですか?
味のある魅力が写真にじみ出てるでしょ!
 
私がお付き合いさせて頂いてい中では、いちばん歳の多い大工さんですが、
いちばんタフで気力と気迫のある大工の一人です。
 
 

 
見事に棟も揚がりました。
 
 

 
来年6月の完成に向けて、
じっくり丁寧に、工事は進んでいきます。
 
 
また、進捗状況を掲載していきますのでお楽しみに!!

 

 

『極楽の家』大黒柱を伐採!

2017-11-04

夏から秋に変わるころ、
 
木を伐るのに適した “ 伐り旬 ” になりました!
 
木の伐採は、秋から冬にかけての木が眠っている時期に適しています。
 
家づくりのスケジュールとタイミングが合うと、
住まい手と一緒に山へ出かけて、丸太柱の伐採を体験する事ができます。
 
今回は『極楽の家』の大黒柱を求めて、八百津の山へ!!
 
住まい手のFさんは、「春の植樹ツアー」に続いて2度目の八百津の山です。
 

 
さあ、ヒノキの森へ入って行きましょう!
 
今回伐採するのは、直径21cm と 直径15cm の合計6本のヒノキの柱です。
 
直径21cmの太い2本の柱がこの家の大黒柱になります!
 
 
それでは、みんなのお宝探しがスタート◎
 

 
・・・・どれがいいかなぁ
 
・・・・・あっ! あの木は?? 
 
・・・・・・んー。少し太いかなぁ
 
・・・・・・・これは!?
 
・・・・・・・・何センチ??
 

 
・・・・21センチ!
 
これだ!!
 
林道沿いに仲良く並んだ2本のヒノキが『極楽の家』の大黒柱に決まりました◎
 

 
家の中でも仲良く並んで、Fさん一家をしっかり見守って下さい!
 
 
お気に入りの木が決まると、
塩とお神酒でお清めをしましょう。
 
みんなで並んで、拝礼。
 
「伐らせていただきます。これから宜しくお願いします」
 

 
さあ、ここからは林業家の腕の見せ所。
 
立ち木を倒す方向を見定め・・・慣れたチェーンソーさばきです。
 

 
決定的瞬間を見逃さないように・・・
 

 
・・・どーん
 

 
狙い通りの方向に勢い良く倒れました。
 
伐り終わったあとにも愉しみは色々あります。
 
伐りたてホヤホヤ。丸太スライスのプレゼント!
 
細かい年輪を数えて、この木は何歳かな??
 

 
いい香り!!
 
(後日談・・Fさん一家は丸太スライスに癒されて暮らしているそうです^^)
 

 
ドキドキのチェーンソー体験◎
 
良い思い出になったかなぁ。
 
 
午前中で作業は終了!
 
お昼ご飯に旬の食材を頂き、八百津の山とお別れをしました!
 
Fさん、次は大工さんの加工場で伐った柱と再開するのを愉しみにしていて下さい!
 
 
yoshiyuki

『みよしの家』刻み場見学

2017-09-13

丹羽アトリエの家づくりでは、
木の良さを活かす為に大工さんの手仕事にこだわっています。
 
その中の1つが「手刻み」!。
家の骨組みの加工を、木の表情やクセを見ながら、
大工さんが1本1本、手で加工していきます。
そして、金物を使わずに木と木を組んで造る「木組み」という構法で造っています。
 
一生に一度の家づくりですから、
是非、楽しくて思い出に残るようなものになると良いなと思って、
植樹体験や、屋根の釘打ち体験、土壁の塗り体験、床のオイル塗りなど、
出来る事に参加したり体験してもらっているんですが、
大工さんの手仕事の見学も外せません!
 
今回はその「手刻み」真っ最中の加工場へ、住まい手と一緒に行ってきました。
 

 
 
 
さてさて「みよしの家」刻み場見学ですが、注目の材料がこちら。
 

新しい家に合うように、加工し直した丸太梁。
  
「みよしの家」は築69年の家を解体し新しく造る、建替えです。
小屋裏に使われていた松丸太を、少し手を加えて新しい家に再び使います。
 
 

以前の小屋裏空間。
  
 

解体中の丸太梁。
 
今までは普段見る事の無い小屋裏で、屋根をずっと支えてきてくれた丸太ですが、
新しい家では玄関、リビング・畳の間と吹抜けになっていて常に見える所で家を支えてくれます。

新しい木と、第二の役割をスタートする木とのコラボ、楽しみです!!
 
 

他にも、丸太梁の切った残りを何かに使えないか...
 


サクラの大黒柱を埋め木して使えないか...と、
色々と思案中ですので、どうなるかお楽しみに♪
 
 


新しい家で大黒柱となる、ケヤキの7寸(21cm)角×5mの柱。
木目がきれいで、木柄がとっても良い木でした。すごく重たい!!
 
 

金物を使わずに木を組む、継手の1つ「金輪継ぎ」。
 
 

最後にお日柄の良い日を見ながら、建前の日をいつにするか相談。
 
 
すでにHPのお知らせに載っていますが、建前の日に「構造見学会」を開催します!!
日にちが確定次第お知らせを更新しますので、HPやFacebookをチェックしていてくださいね。
申し込みを、お待ちしております。〈「構造見学会」のお知らせはこちら。〉
  
haruna
 
 

『知立の家』地鎮祭を執り行いました

2017-09-01

8月のはじめ。
台風一過。
素晴しい青空の下、地鎮祭を執り行う事が出来ました。
 
ゆーーーっくりと迷走する、のんびり台風5号も、どうやら気を使ってくれたようです。
 

 
さて、このところ地鎮祭が続いているので、
いつもブログを見てくれている皆様は、地鎮祭がどのような儀式なのか、、、
もちろんご存知ですよね!?
 
とはいえ、このブログが初めてという方の為に!
 
「地鎮祭」とは、
工事を始める前に、土地の神様や地域の氏神様を土地に迎え、
工事の安全や家の繁栄を祈る神事です。
 
神事と聞くと、
「なんだか大変そうだなぁ・・・」
と感じるかもしれませんが、
当日は、神主さんが丁寧にエスコートしてくれるので、心配はご無用◎
 
山の幸や海の幸、お神酒やお塩。
お供え物は住まい手のWさんにご準備頂き、祭壇へ・・・
 

 
準備が整えば、神様を迎え(降神の儀)、いよいよ式が始まります。
 
式の時間は30分程。
 
玉串礼拝、鍬(くわ)入れの儀、敷地のお清め。
 

 

 
Wさんにも協力してもらいながら、地鎮祭は滞りなく行われました。
 

 
住まい手と設計士、工務店・大工とが一丸となってつくる、
「木と土の家づくり」がいよいよ始まります◎
 
yoshiyuki
 
 

手作り感にあふれてました!

2017-08-05

竣工して3ヶ月の『高根の家』。
 
荷物も片付いて落ち着いたところで、
そろそろ、保留にしてあった テレビ台 と 木のポスト をつくりたいと連絡を頂いたので、
久しぶりにお邪魔してきました。
 

 
 
この日も朝から気温が上がり、
10時に到着した頃には既に30度超え。
 
でも、家の中に入ると、何となく爽やか。
もちろんエアコンなどついてませんが、
これが木と土壁の家のすごいところ!
 
前の晩に部屋干しておいた洗濯物も、
明くる朝にはほぼ乾いているのだとか・・・。
 
“ 朝、少し陽に当てれば、
もう午前中には取り込んで片付けられるんです ” と話されてました。
 
 

 
“ まずはお茶でも・・・ !”  と、
出して頂いたお手製のプリンとクッキー。
 
優しい甘さで美味しくって、もう、感動してしまいました。
 
 
暮らしが始まって3ヶ月。
 
これまで特に不都合は無かったようで、まずは一安心。
“ 間取りが使いやすくって、収納も充実していて大満足です ” 
と伺うと、やはりうれしいです。
 
初めは少し気になったガルバリウム鋼板屋根を叩く雨の音も、
慣れてみれば “ 自然のものおと ” って感じで、
むしろ心地よく感じるんです・・・と。
 
土壁や無垢の木の自然感が、
音の響きも柔らかく感じさせてくれてるんでしょうね、きっと。
 
 
話し込んでいると、Uくん達の手作り作品が出てきました。
 

 
これはこの家のキッチンと食品室。 
 
けっこうリアル! 
それでいてポップな感じがなかなか良いんです!
 
 

 
これは ビー玉転がし。
 
なかなか複雑につくり込まれていて驚き !
 
 

 
等身大のUくん。
 
とってもアート!!
 
 
 
“ 家 ” そのものが手作りですが、
“ この家の暮らし ” も手作りで溢れていて、
すでに、かなり楽しげな空間になっていましたよ!
 
 

『みよしの家』地鎮祭

2017-07-31

7月は急に天気が一変し、豪雨となる事が多かったですね...
そんな中、みよしの家では解体作業が進められていました。
 
2回程雨に降られたそうですが、ありがたい事に豪雨ほどでは無かったようで、
作業は順調に進み、予定通りに「地鎮祭」を執り行うことが出来ました。
 

 
「地鎮祭(じちんさい)」ってご存知ですか?
土木工事や建築などで工事を始める前に行い、
工事の無事や安全と、建物や家の繁栄を祈る儀式です。
 
お日柄の良い日を選び、神主さんをお招きして神事を行います。
住まい手が用意する物などは、神社や工務店などによっても違いますので、
確認しながら進めましょう。
 
 
神事としては30分くらいでしょうか、そんなに長くはないです。
 

 

 

 
 
とはいえ、この日は真夏日でしたので、
普段デスクワークでなまっている身体にこの暑さは堪えました〜
日陰やテントの中はまだ良いのですが、陽の当る所では滝のように汗が...
最近は身に危険を感じる暑さですから、気を付けなければいけませんね。
 

 
神事の方は滞りなく行われ、神様のお許しを頂き、
丹羽アトリエ・工務店・大工と、安全第一に良い家を造る事を改めて住まい手にお約束しました。
 

haruna
 
 

『みよしの家』工事が始まりました!!

2017-07-12

『みよしの家』の工事が始まり、
現場では地鎮祭に向けて現在建っている住宅の解体が着々と進められています。
大工さんの方も、材料を加工する為の墨付けが進められています。
 
今日は材料を見に、加工場へ行ってきました。
 

すでに土台の墨付けは出来ていました。
 

 

1本1本、色や表情の違う木が並んでいますよね。
  
梁や垂木には杉を使っています。杉材だけで156本になります!!
それ以外では、土台の桧が41本、柱が桧・ケヤキ・クリと合わせて108本、
家の骨組みだけで、なんと305本の材料が使われているんです。
  
この材料を1本1本、木の表情や性格を見ながらどの場所に使うかを決め、
墨付け、刻みと建前に向けて加工を進めていきます。
 
 
そして大工さんが加工を始める前に作るのがこれ!!
 

 

 
板図(いたず)と、間竿(けんざお)です。
板図を見れば、柱が建つ位置、梁がどのように組まれているか、
この1枚で全て分かるようになっています。
 

納まりを考えながら書くので、板図を書けば頭に入ちゃうよ〜とベテラン棟梁。
 
間竿は家の定規です。
基準になる目盛りから、梁の高さ、柱の長さがこの1本で分かるようになっていて、
間竿を材料にあてがう事で、材料のどこに柱の穴を掘るのか、
木を組む為の仕口はどこにくるのかがすぐに分かります。
 
間竿も、昔の大工さんが早く正確に仕事をするために考えられた道具の1つです。
 
 
ここで1つクイズです!!

このマッチ棒のようなもの、何に使うか分かりますか?
 
 

 

 

ポンッ!!
 
分かりました? 
そう、木のハンコなんです。
先程の大工さんが板図の柱を描く時や、間竿を作る時に、
早くきれいに描けるようにと作ったもの。 これも道具の1つですね。
 
 

 
それにしても、外は暑い〜。外の仕事は本当に大変ですね...
これから長い夏が始まりますが、体調に気を付けながら皆さんがんばりましょう!!
 
 
haruna
 
 

築16年の “ 趣 き ”

2017-06-09

2001年の7月に完成した『島宮の家』。
 
ちょっとしたメンテナンスのご相談を受け、
久しぶりに訪れてみました。
 

 
お庭の木々は随分大きくなり・・・、
ほら、玄関前のモミジは二階建ての屋根を超さんばかりに立派になりました。
 
明るく若々しさに満ちあふれる新緑に清々しい春の訪れを知り、
夏には、その木陰の涼しさで家族の帰宅を迎え、
秋は燃えるような紅葉で目を楽しませ、
そして落ち葉が冬の到来を告げる・・・。
 
このモミジは、もうすっかりこの家に無くてはならない存在です。
 
 

 
玄関の柱には艶が出てきました。
 
木の色も、当初は明るい色でしたが、
すっかり深みを増して落ち着いた雰囲気になってきました。
 
 

 
よく見ると、杉の床板は少しすり減って、
あちらこちらに傷もついています。
 
でも、これも味わい深く感じさせるところが無垢の木の魅力。
 
 
5月とはいえ、このところ気温が30度に迫る暑さ。
 
軒先には簾が掛けられて、
早くも夏の設え。
 

 
この16年間、
家族の暮らしを包み込みながら、
この家は随分深みを増し、
随分と季節感が漂う佇まいとなってきました。
 
でもしかし、まだ16年。
この家はまだまだこれから、もっともっと魅力的になって行くはずです。
 
それが “ 無垢の木と土の家 ” なのです!

『極楽の家』1/50の“木の家”が完成!

2017-05-19

今日は、『極楽の家』の基本設計の最終打合せでした。
 
着工に向けて、実施設計がスタートします!
 
(『極楽の家』の詳細は、近日実例集にて公開します)
 
 
今日のメインイベントはなんといっても、模型のお披露目◎
 

 
これまで平面で間取りを相談してきたものが、いよいよ立体になってあらわれます。
 
やはり立体のほうがイメージし易いようで、
 
模型と対面すると、
 
「すごい!」「お〜」「なるほど〜」「こうなるのか〜」
 
と、皆さん笑顔で驚かれます^^
 
残念ながらお渡しはできないので、、、写真撮影、動画撮影と大忙し ^^;
 
(・・・作る側としては、この瞬間がとても嬉しいのです◎)
 
 
 
1/50の小人になったつもりで、窓から覗き込むと・・
 

 
「こんな感じに見えるんだ!」
 
部屋の繋がり感、部屋のボリューム、光の入り方・・・などなど。
 
この家での暮らしのイメージがどんどん膨らみますね!!
 
実施設計も楽しくいきましょう^^
 
 
 

 
じゃじゃーん! 今日の打合せテーブルー!!
 
段ボールの模型に手書きの内観スケッチ、手書きの平面と断面。
 
このデジタルの時代に珍しいのかもしれませんね。
 
“木と土の家”の優しい表情には、柔らかい手書きの表現が良く合うのです!!
 
(でも、3Dのウォークスルーは魅力的なんだなぁ)
 
 
yoshiyuki

このページのtopへ