丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

facebook

『尾西の家』竹小舞土壁工事完了です。

2012-05-23

『尾西の家』は竹小舞土壁工事を終えて
 
大工さんが内部および外部の造作工事をおこなっております。
 

 
少しさかのぼって、これは土壁を乾燥させている時の写真です。
 
 
 
この厚い土の塊をじっくり乾燥させていきます。
 
(写真で確認できている部分は厚みの半分です。実際にはこの倍の厚さがあります。)
 

 
yuichiro
 
 

『知多の家』間もなく竣工です。

2012-05-19

『知多の家』が竣工チェックの段階に入り、間もなく母屋の竣工を迎えます。
 

 
まわりを里山や田畑に囲まれた敷地に 
 
のびやかな平屋の佇まいがとても映えて良い感じです。
 

 
玄関先もほぼ仕上がりました。
 

 
玄関戸を開けて外へ出ると、畑越しに里山の斜面が広がります。
 

 
母屋竣工の後もガレージの仕上げや作業場の改修、外構工事が引き続き行われます。
 
 
yuichiro
 
 

そろそろ庭のデザイン

2012-05-12

『河北の家』の現場はそろそろ終盤です。

 

外壁の焼杉も貼り終わり、
 
内部の造作も進んで、
 
だんだん空間の雰囲気をつかんでいただける状態になってきました。
 

 

そこで今日は、第1回目の外構の打ち合せ。

 

“自然石を使ってさりげなく”
 
“里の雰囲気が好きだなぁ〜”

 

何気ない言葉から、
 
住まい手が思い描かれるイメージをくみ取っていきます。
 

 

6月末に完成予定です。
 
akihito

 

 

いよいよ着工です!

2012-05-10

定年退職後の生活を自然農や陶芸で楽しみ、そして、ボランティア活動で社会貢献する。
 
そんな豊かなシルバーライフの拠点としてのマイホームの建て替えです。
 
『小牧の家』がこの春に着工いたしました。
 
工事の進捗をご紹介していきます。
 

 
3月30日 地鎮祭 この日は上着を着ていると少し汗ばむような、
 
雲一つないお天気に恵まれました。 幸先の良いスタートです。
 

 
徳島から構造材が届きました。
 
葉枯らし乾燥材はやはり色も香りも良く、魅力のある構造材です。
 
今回も7〜8メートルの長い材が多く、大工さんの加工場に入りきらないため、
 
こうして仮設の小屋を造りました。
 
ここで7月の建前に向けて、骨組みの『墨付け加工』が進められます。
 

 
これは『原寸図』。
 
各部の納まりを原寸サイズで描いたものです。
 
骨組みの加工の段階から、
 
かなり細かいところの納まりまで確認しながら作業を進めていきます。
 

 
4月23日。
 
『柱状改良』を行いました。
 
事前に行った地盤調査の結果から、
 
約2.5メートル、直径60センチの改良を48カ所行います。
 
・・・・・つづく
 
akihito
 
 

いざっ 出陣!

2012-05-06

ゴールデンウイークの最終日。
 
今日は長女の高校最後の引退試合。
 

 
高校に入ってから始めた剣道だったが、
 
本人のがんばりで初段まで進んだ。
 

 
実は、今日が初めてなんです。
 
娘が防具をつけた勇姿を見るのは。
 

 
・・・いっぽん!
 
最後まで続けられてよかった。
よくがんばったね!
 
記念に、ここに写真をアップしておきます。
はい ポーズ  パシャ!!

 
akihito
 
 

ホームページをリニューアルしました。

2012-04-17

今から12年前にホームページを開設し、
 
以来、何度かリニューアルを重ねて来た『丹羽アトリエHP』でしたが、
 
より、タイムリーな更新を目指し、
 
思い切ってシステムを変えることにしました。
 
まだ、全てのページが出来上がってはいませんが、
 
できるだけ早く整えて、
 
皆さんに、
 
“丹羽アトリエの家づくり”
 
を見ていただけるようにして参ります。
 
どうぞよろしくお願い致します。
 
 
丹羽明人アトリエ   丹羽明人
 
 

長男 卒業、そして入学

2012-04-15

ここまでアッという間だったような、長かったような・・・。

皆さん、きっと同じですよね、思うところは。

長男、健心(たけみ)が、いよいよ小学校を卒業し、
そして、この春から中学校に入学です。

見て下さい、このブカブカの学生服。
なんとも、頼り無げです・・・。

性格も、成長も、

『のんびり型』です。

まだ、隣に写る家内の肩までしかありません。

でも、この写真を見て思い出しました。

そう、40年近く前の私と全く一緒です。

カエルの子は、やはりカエルですね。

akihito

わくわくファーム その6

2011-12-03

4月から続けて来たわくわくファームですが、
いよいよ冬となり、そろそろ今年度の活動もおしましです。
 
そこで、
“お世話になった皆さん。
特に地域の野菜づくり名人の方々にお礼をしたい”
ということで、
最後に感謝祭を開くことになりました。
 

 
あいにくの雨でしたが、
ブルーシートで会場設営。
 
豚汁や焼き鳥・・・そして、ピザ!

 
即席のピザ釜ですが、なにがなにが・・・。
 
焼き上がりも焦げ目も上々。
 
こんなにうまく焼けるとは驚きです。
 
 

 
最後は子供たちから感謝の言葉を綴った色紙の贈呈。
 
 
私たちの知らないところで、普段から畑の様子を見守って、
そして、手入れもしていただいていたようです。
 
本当にお世話になりました。
『感謝』という言葉しかありません。
 
 
akihito

 

 

里の子収穫祭

2011-10-23

今日は北里小の毎年恒例の行事。
『里の子収穫祭』 の日でした。
 
前日から降ったりやんだりの雨が開会直前まで続き、
本当にやきもきしましたが、
開会式の5分前。
 
サッと雲が引き、一転して日が射してきました。
 
おお、神様は見捨てていなかった。
 
ありがたいありがたい!
 
オープニングは地元小牧のタイコの演奏グループ『塵輝』(じんき)さんの演奏でスタート。
 
下がぬかるんでいなければ青空の下でのオーップニングだったんですが、
少しだけ残念。
 

しかし、迫力満点!
もう最高でした。
 
天気が怪しかったにもかかわらず、
参加して下さった親子数、なんと900人余り。

体育館がはち切れんばかりでした。(ちょっと大げさ)

 
模擬店にも長蛇の列。

 
委員の皆さんがいろいろ工夫を凝らしてくれたことが、
この集客につながっています。
 
 
今年の収穫祭の目玉。
こちらは壁画制作。

 
「薄汚れた学校の壁をきれいにしたい」
という声から、6年生の六郎君の下絵にならって、壁画を制作しました。
 

下絵を見ながら、校長先生が前もって下書きをしてくださいました。
 
流石は、元、美術科の先生。
   うまい・・・!
 
テーマは、

“里の子の一年”
 
そして、

“里の子の一日”  です。
 
 
原画の作者、六郎君も
「新しい名所として親しんでもらえるとうれしい」
と、話してくれました。
 
 
akihito

わくわくファーム その5

2011-07-23

さあ、今日はいよいよ、
わくわくファーム プチ収穫祭!!    です。
 
幸い、お天気にも恵まれました。
朝早くから、みんなで準備です。 
 
 

子供たちは畑で新鮮な野菜を収穫。
 
 

スイカは最後のお楽しみ。
 
 

 

親子で一緒に作業。
理屈は抜きで、楽しいですね。
 
 
ほら見て下さい!
流石は主婦の皆さん。
 
畑の野菜たちで、どんどん料理が出来上がっていきます。
 

ジャガイモとカボチャのコロッケ
 
 

焼き茄子です。
 
 

焼き係は校長先生担当でした。
 
 

エダマメもずいぶん沢山できました。
 
農薬はほとんど使っていませんから、安心して食べられます。
 
 


そしてカレーライス。
 
それにしても、子供たちの食欲はすごい!
 
 

先生方もたくさん参加して下さいました。
 
 
そして、最後のお楽しみ。
スイカ割り。

 
 

 
 
こうして、楽しく収穫祭を終えました。
 

参加して下さったお母さん、お父さんたち。そして子供たちも・・・。
先生方、そして、PTAの役員のみなさん。
お疲れさまでした。
 
良い思い出の一コマになれば幸いです。
 
akihito

 
 
 

このページのtopへ