丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

facebook

gaikan

坂祝の家

伝統的構法に学ぶ通柱と渡り顎による木組みの家

  • [所在地] 岐阜県加茂郡
  • [家族構成] 母+夫婦+子供1人
  • [工事種別] 新築
  • [構造・規模] 木造 2階建て
  • [竣工日] 2004年6月

写真


居間・食堂
居間より奥の食堂とギャラリーを見る。居間と食堂を構造としても有効な格子壁でやわらかく仕切る。

玄関

畳の間
建具は既存のものを再生しました。

畳の間

畳の間

リビングダイニングのストーブと再生した大阪障子

便所

洗面脱衣

浴室

ギャラリー

ギャラリー

子供室

建前の様子


木頭杉のストックヤード

徳島のTSウッドハウスまで見学にいきました。

地鎮祭の様子

建前

建前を待つ木材

最初に仮組して建て起こされた中央通りの軸組

この家で最長12.5メートルの梁

渡り顎で組む

追掛け大栓継ぎ

追掛け大栓継ぎ

渡り顎で組む梁勝ち構法の床組

スケッチ

居間・食堂

食堂

模型

プラン


1階 平面図

2階 平面図

紹介文

この家は岐阜県加茂郡の家です。
住まい手はお母さんと、ご夫婦。そしてご長男の四人です。
ライン下り(観光の川下り)の岩場の名所を前に見るこの土地は、国道から少し入り込んだ、とても閑静な古くからの集落で、時代をタイムスリップしたような感覚に陥るロケーションです。
そんな場所に現在、築80年の古い家が建っています。それは、かつて建っていた茅葺きの家を解体し、その太い梁や柱を一部に再利用しながら建てたものです。
当初は、この家を改修したいとのご希望もありましたが、現況を調査し、検討した結果、古い木材も再利用しながら、新たに建て替えるという道が選ばれました。
木と土壁の古い家で生まれ育った住まい手は、そんな伝統的な造りの家の良さをよく知っていらっしゃいます。こんど建て替えるにあたっても、やはりそんな家であってほしいと望まれました。

間取りは玄関を挟んで西側に二間続きの和室とお母さんの部屋、そして、東側にはリビング・ダイニングとキッチン、通用口、脱衣、お風呂などの普段の生活の中心となる居住空間をまとめました。また、リビングの吹き抜けに面したギャラリーを介して、二階の寝室へと空間は繋がります。

今回、住まい手の強い希望もあり、伝統工法の検証と再興にも取り組でいる構造家との共同により、新しい構造の試みをしています。太い通し柱と長く通した梁を渡り顎で組み、一部には差し鴨居を入れる伝統工法に学んだ木組の家です。
(2002,06,08)


竣工の日、ツバメが巣作りの場所を探しに飛んできました。
このページのtopへ