丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

実例集

設計監理中の家

応時の家

”共働き”の家 NEW

  • [所在地] 愛知県小牧市
  • [家族構成] 夫婦+子供1人
  • [工事種別] 新築
  • [構造・規模] 木造 2階建て

スケッチ


リビング

プラン


1階平面図

2階平面図

紹介文

小牧市の市街地に建つ約37坪の木組み土壁の家です。
住まい手はご夫婦とお嬢さんの三人家族。敷地は間口9m、南北に20mの約60坪。平屋に近い外観イメージの建物です。
住まい手のYさんからは、はじめにお問い合わせメールで幾つかのご質問を頂きました。「土壁と断熱について」、「高断熱高気密について」、「24時間換気システムについて」です。
土壁には「蓄熱」といった熱を蓄えて保つ性質があります。それを更に外断熱によってバックアップすることで、より安定した心地よい温熱環境をつくることが出来ます。また、土壁真壁の家は24時間連続運転の強制換気システムは不要です。このことは建築基準法告示でも定められています。がしかし、そもそも自然素材でつくる家ですからシックハウスの危険性はかなり低いので、自然換気だけでも全く安全です。
さらに、この地域は寒冷地とは違って温暖で過ごしやすい気候です。冬の寒さが厳しい期間はほんの一時。夏はこのところ少し暑いですが、春と秋はとても心地良いですから、閉じて暮らすのではなく、窓を開けて風と陽を取り込んで過ごしたいですね。もちろん断熱や気密のことも大事ではありますが、それ以外にも大切なことが沢山ありますので、バランス良くつくっていきたいものです。
*丹羽アトリエホームページ 『家づくりについて』もご覧下さい!
 
玄関を“ 縁 (えん)”と一体的にすることで、南向きの開口を広く確保しました。ここはサンルーム的な物干の為の空間でもあります。家に少しでもたくさんの陽を取り込み、また、共働きの慌ただしい朝も、天気を気にせず物干しをしたままお務めに出られます。
縁とリビングは障子で仕切られていますので、開けて繋げればとても広いリビングダイニングとして使うことも出来ます。
この家で採用された暖房は『床下エアコン』。これは温度設定による自動運転のためにスイッチON・OFFの必要がなく、普段慌ただしいご家族にはうってつけではないでしょうか。電気使用量も割合に少なくて済みますし、また、吹抜けで繋がる一体空間の家でも、全体に温度差ムラも少なく暖房できる点もなかなかの優れもの。ほんのりと床面が暖まる複写暖房的な温もりですから、「エアコンの温風が苦手!」という方にも快適に過ごして頂けると思います。
“ 共働き ”の家庭が増えていますが、慌ただしい中に有っても快適で暮らしやすい家のあり方を考える良い機会となりました。

このページのtopへ

丹羽明人アトリエに
相談してみませんか?

TEL 0568-77-0638
FAX 0568-77-7024

〒485-0037
愛知県小牧市小針二丁目129番地

(c) 一級建築士事務所 丹羽明人アトリエ