丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

facebook

gaikan

西春の家

伝統的な仕口・継手による木組みの家

  • [所在地] 愛知県西春日井郡
  • [家族構成] 親夫婦+夫婦+子供2人
  • [工事種別] 新築
  • [構造・規模] 木造 2階建て
  • [竣工日] 2004年5月

写真


リビング・ダイニング


既存の庭を生かしながら、現代風に少しアレンジしてもらいました。
(デザイン施工:アトリエガイア)

既存の庭

ガレージ・トレーニング室

トレーニング室

玄関
手前右奥は内玄関

玄関
手前右奥は内玄関

内玄関

吹抜け
吹抜けからリビングダイニングとギャラリーを見る。

小上り

仏間

キッチン

キッチンからリビングダイニングを見る。

洗面脱衣室

浴室
壁と天井は杉板、床と腰壁は炭化コルクタイルです。右外は坪庭です。

便所

美濃焼きの手洗器

ギャラリー
ギャラリーから1階のリビングダイニングを見る。

ギャラリー

子供室

主寝室
箱階段の上はロフトの書斎

小屋裏収納

古材の再利用


製材 ▷▷▷
既存の家から外した差し鴨居を製材する様子

加工 ▷▷▷
差し鴨居を活かしたテーブルの製作

完成!!
差し鴨居を活かしたテーブル

建前の様子



十字に組んで大屋根を支える10メートルの丸太材

建前の様子

建前の様子
丸太の小屋梁を掛けるところ

建前の様子

ガレージの建前の様子
貫構造の厚板

建前の様子
建物中央の7寸角の通し柱四方差しの梁と差し鴨居による木組み

スケッチ&模型


リビングから吹抜、ギャラリーを見る

寝室

模型

プラン


1階 平面図

2階 平面図

紹介文

築70年の家は、これまでに何度となく改装されて住み継がれてきました。
窓はアルミサッシになり、土間の台所はフローリングとクロス貼りの現代的なダイニングキッチンに模様替えされています。
建て替えるべきか、それともこれを活かして再度改装するかを考え抜き、結局前者に決めた住まい手は、本屋である建築雑誌に私の名前を見つけました。ご長男の名前が私と同じ『明人』のため、すぐ目に止まったそうです。これはいわゆる『御縁』っていうものなんでしょうか。
一階の中心はゆったりと広い吹き抜けのリビングダイニングです。この空間を中心に小上がりと仏間がつながり、二階に続いてギャラリーや寝室、子供室を配置しました。
母屋東にはガレージ兼用のトレーニング室を建て、西側には小上がり前の縁側を通って既存の離れにつづきます。
大きな空間を気持ち良く暖めるために選んだ、低温水式の床暖房と杉厚板床の組み合わせは、今回始めての試みでした。(床暖メーカーのタフさんの協力で、数カ月間の加熱実験をして、厚板との相性を試してみました。)
また、差鴨居や丸太の梁、踏み天井板などの古材をはずし、化粧梁や扉、天板などに有効に再利用しました。


床暖房
杉の無垢床と温水式床暖房の相性実験の様子
このページのtopへ