丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

facebook

オリジナルキッチン です !

2015-07-23

間もなく完成する『栄の家』のオリジナルキッチン。
 

(まだコンロは設置されていませんが・・・)
 
 
そして、こちらはオリジナルのステンレスフードです。
 

   
高さを低めに設置できるようにデザインしてありますので、
とても吸い込みもよくって、
「キッチンの壁が汚れにくくて良い!」って、
なかなか好評なんです。
 
 
 
さらに・・・・・お掃除がし易いように、


 
 
開閉ができるようにしました。
 
クッと上げれば、
はずして洗うこともできるんです。 
 
 
側面は2mmの厚さのステンレスで造ってありますので、
なかなかいい雰囲気です。
 
 
 
お庭が完成したらオープンハウスをさせて頂きます。
 
8月下旬かな・・・?
 
 
日程が決りましたらホームページに掲載致しますので、
是非、見学においで下さい。
 
 
他にも、暮らしを便利に楽しくする工夫が満載ですよ!
 
 
akihito

キッチンアイテム no.9『炊飯器をしまえるワゴン』

2012-07-05


 
ダイニングに近いワークトップ下の一角を
 
ワゴン式の炊飯器収納としました。
 
電源を入れたまま出し入れができるように
 
コンセントが仕込んであるので、
 
ワゴンを引出せば、そこに置いたまま炊飯ができます。
 
すぐ脇がダイニングなので、ごはんの配膳やおかわりの際も機能的です。
 

 

キッチンアイテム no.8『オープン引出しtype2』

2012-06-19


 
no.7と同じ収納形式のオープン引出しです。
 
内部の水切りラックは既製品ではなく、
 
製作した「桧スノコ」と「深めのステンレスバット」です。
 
これで大きなお皿でもしまうことができますよね。
 
スノコですので、水切りラックのように、
 
木と木の隙間にお皿を立てられるというわけです。
 
もちろんバットごと取り外すこともできます。
 
やっぱり、木でつくるとやわらかい雰囲気が出て、いいですよね。
 
嫌いな洗い物(個人的に)が、楽しくなりそうですね。(笑) 
 
 

キッチンアイテム no.7『オープン引出しtype1』

2012-06-16


 
洗ったばかりの食器などを水切りラックごとしまえるアイテムです。
 
どうしてもワークトップの上に常に置いてあり、
 
食器の入れ物代わりになってしまうことが多い水切りラック。
 
作業面をドーンと陣取って、スペースをとってしまいますよね。
 
「水切りラックごと食器の収納にできないですか。」
 
という奥様のご要望から、このアイテムを生み出しました。
 

 
収納した状態でも乾燥できるようにオープンの引出しとし、
 
そこへ既製品の水切りラックとトレーをピッタリしまいます。
 
洗い物をする時はラックを取り出してシンクの脇に置き、
 
食器などを並び終えたら、そのまましまえる便利グッズ。
 
もちろん濡れたままでもOKです。
 
 

キッチンアイテム no.6『ラック式調味料引出し』

2012-06-12


 
既製品のラック式引出しに前板を取り付けた、シンプルな定番アイテムです。
 
調味料等をしまうための3段のワイヤーラックは、それぞれ取り外すことができるので、
 
上写真の様に、中段をはずして縦長のものをしまうこともできます。
 
幅もコンパクトなものからゆったりめのものまで用意されているので
 
自分にあったものを選択できますよね。
 

 
 

キッチンアイテム no.5『ビルトイン水切りラック』

2012-06-08


 
シンク上部の吊り戸棚に市販の水切りラックを組み込みました。
 
下部はオープンにしてあり、水滴はシンクの中へ落ちるので、
 
洗ったものを濡れたままでもしまうことができ、扉を閉めた状態でもバッチリ乾燥できます。
 

 
ラックは取り外せるように細工がしてあり、
 
さらにシンクの手元のための照明が仕込んであります。
 
扉を閉めてしまえば、スッキリとした吊り戸棚としてみえるアイテムです。
 
 

キッチンアイテム no.4『横&縦置き調味料用引出し』

2012-06-07


 
 
コンロの脇に設けた調味料等をしまうための引出しです。
 
上段には、小さなボトルに入ったスパイスやハーブなどの調味料を
 
クレヨンのように横に並べてしまいます。これでラベルや中身が見やすくなるというわけです。
 
ついついボトルを揃えたくなりますよね。
 
下段には、少し高さのある容器に入ったものなどを縦置きにし、
 
二段に分けてしまいます。
 
これだけ調味料が揃うと、なんだか料理が愉しくなっちゃいそうですよね。
 
 

キッチンアイテム no.3『おたま掛け引出し』

2012-06-06


  
 
“おたま”や“フライ返し”などを引っ掛けてしまえるアイテムです。
 
コンロのすぐ脇に設けているので、調理中でもさっと取り出せる
 
作業性を重視した細長の引出しです。
 
 

キッチンアイテム no.2『引出し用木製包丁ラック』

2012-06-06


 
包丁を引出しの中へしまうためのアイテムです。
 
頻繁に使う包丁ですから、縦に収納できると取り出し易いですよね。
 
もちろん、このラックは作業台に近い浅めの引出しに設けます。
 
必要な本数分のラックにすることで、(本数の指定ができます。)
 
残りのスペースを他の調理器具などの収納として有効に使うことができるのです。
 

 
 

キッチンアイテム no.1『“引出せる”包丁&まな板スタンド』

2012-06-05


 
作業台上のスタンドに立てかけたままになりがちな“まな板”を
 
完全に乾いていなくてもしまえて、さっと取り出せる様にしたい。
 
そして、作業台の上をすっきりさせたいという要望からこのアイテムが生まれました。
 
さらに、一緒に包丁も収納できる優れものです。
 

 
スライドさせて収納するとシンク下のスペースにすっきりと納まります。
 
 

1 / 11
このページのtopへ