丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

facebook

『みよしの家』刻み場見学

2017-09-13

丹羽アトリエの家づくりでは、
木の良さを活かす為に大工さんの手仕事にこだわっています。
 
その中の1つが「手刻み」!。
家の骨組みの加工を、木の表情やクセを見ながら、
大工さんが1本1本、手で加工していきます。
そして、金物を使わずに木と木を組んで造る「木組み」という構法で造っています。
 
一生に一度の家づくりですから、
是非、楽しくて思い出に残るようなものになると良いなと思って、
植樹体験や、屋根の釘打ち体験、土壁の塗り体験、床のオイル塗りなど、
出来る事に参加したり体験してもらっているんですが、
大工さんの手仕事の見学も外せません!
 
今回はその「手刻み」真っ最中の加工場へ、住まい手と一緒に行ってきました。
 

 
 
 
さてさて「みよしの家」刻み場見学ですが、注目の材料がこちら。
 

新しい家に合うように、加工し直した丸太梁。
  
「みよしの家」は築69年の家を解体し新しく造る、建替えです。
小屋裏に使われていた松丸太を、少し手を加えて新しい家に再び使います。
 
 

以前の小屋裏空間。
  
 

解体中の丸太梁。
 
今までは普段見る事の無い小屋裏で、屋根をずっと支えてきてくれた丸太ですが、
新しい家では玄関、リビング・畳の間と吹抜けになっていて常に見える所で家を支えてくれます。

新しい木と、第二の役割をスタートする木とのコラボ、楽しみです!!
 
 

他にも、丸太梁の切った残りを何かに使えないか...
 


サクラの大黒柱を埋め木して使えないか...と、
色々と思案中ですので、どうなるかお楽しみに♪
 
 


新しい家で大黒柱となる、ケヤキの7寸(21cm)角×5mの柱。
木目がきれいで、木柄がとっても良い木でした。すごく重たい!!
 
 

金物を使わずに木を組む、継手の1つ「金輪継ぎ」。
 
 

最後にお日柄の良い日を見ながら、建前の日をいつにするか相談。
 
 
すでにHPのお知らせに載っていますが、建前の日に「構造見学会」を開催します!!
日にちが確定次第お知らせを更新しますので、HPやFacebookをチェックしていてくださいね。
申し込みを、お待ちしております。〈「構造見学会」のお知らせはこちら。〉
  
haruna
 
 

『知立の家』地鎮祭を執り行いました

2017-09-01

8月のはじめ。
台風一過。
素晴しい青空の下、地鎮祭を執り行う事が出来ました。
 
ゆーーーっくりと迷走する、のんびり台風5号も、どうやら気を使ってくれたようです。
 

 
さて、このところ地鎮祭が続いているので、
いつもブログを見てくれている皆様は、地鎮祭がどのような儀式なのか、、、
もちろんご存知ですよね!?
 
とはいえ、このブログが初めてという方の為に!
 
「地鎮祭」とは、
工事を始める前に、土地の神様や地域の氏神様を土地に迎え、
工事の安全や家の繁栄を祈る神事です。
 
神事と聞くと、
「なんだか大変そうだなぁ・・・」
と感じるかもしれませんが、
当日は、神主さんが丁寧にエスコートしてくれるので、心配はご無用◎
 
山の幸や海の幸、お神酒やお塩。
お供え物は住まい手のWさんにご準備頂き、祭壇へ・・・
 

 
準備が整えば、神様を迎え(降神の儀)、いよいよ式が始まります。
 
式の時間は30分程。
 
玉串礼拝、鍬(くわ)入れの儀、敷地のお清め。
 

 

 
Wさんにも協力してもらいながら、地鎮祭は滞りなく行われました。
 

 
住まい手と設計士、工務店・大工とが一丸となってつくる、
「木と土の家づくり」がいよいよ始まります◎
 
yoshiyuki
 
 

1 / 11
このページのtopへ