丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

facebook

『牛立の家』 完成見学会

2016-10-25

今回も完成した家で、見学会を開催させて頂きました。
 
始めての方から、現在進行中の方、丹羽アトリエで家を建てたOBの方、
沢山の方にお越し頂き、にぎやかな見学会となりました。
(「牛立の家」実例集はコチラ
 

 
 
完成見学会に限らず、丹羽アトリエでの見学会や事務所の打合せでは、
小さいお子さんが居てもゆっくりとお話しができるように、
キッズスペースを設けたり、遊び相手になる子供好きなスタッフが居ますので、
気兼ねせずにおいで下さいね。
 

 
  
haruna

『柊山の家』建前 〜記憶に残る家づくり〜

2016-10-18

「建前(たてまえ)」とは、家の骨組みである柱や梁を組み上げる事を言います。
丹羽アトリエの木組み・土壁の家では、この骨組みを大工さんが1本1本手で加工しています。
 
今まで図面上で打合せを重ね、大工さんが加工をしてきた骨組みが実際に立ち上がる日。
住まい手、設計・施工側にとっても、建前というのは一大イベントです。
 

 

 
1本目の梁がレッカーで吊られています、ドキドキ・ワクワク。
長さはなんと、12m60cm!!
1本に見えますが、実は3本の木を「金輪継ぎ(かなわつぎ)」という継手でつないで1本にしているんです。
 

  
 
直交方向の仕口は「渡りアゴ」になっています。
 
 
このように木組みの家は金物を使わず、木と木を組む事で木の粘り強さを活かす構法です。
(木組みについてはコチラ
 
他にも色々な仕口や継手など、永く受け継がれてきた大工技術は沢山あります。
木組みの家や古い家、神社仏閣を見に行った時にどんな仕事がしてあるのか探してみるのも面白いですよ。
 
 
建前の方はというと、昼過ぎには無事に棟が上がりました。

 
 

 
そしてこの大きな丸太の母屋。
住まい手と一緒に八百津の山へ行って、選んで目の前で伐採してもらった丸太なんです。
 
 
どの木にピピッとくるかな〜
 

 

 
子供達は覚えているかな?
覚えていなかったとしてもお父さんお母さんが、
「あの丸太は、みんなで山へ行って選んだ木なんだよ」って話しているのが目に浮かびます。
 
 
今日の建前も、大きなクレーンがきてた事、大工さんがいっぱい居て高い所に上ってた事、お昼をみんなで一緒に食べた事、みんなで記念撮影した事、子供たちはどんなふうに感じたのか...
この家とどんな風に成長していくのか楽しみですね!!
  

 
 
haruna

1 / 11
このページのtopへ