丹羽アトリエ

丹羽アトリエ ホーム

mailお問い合わせ

TEL 0568-77-0638 FAX 0568-77-7024 〒485-0037 愛知県小牧市小針二丁目129番地
ご相談は上記までお気軽にお便り下さい。 MAP

facebook

『高根の家』大工さんの加工場見学へ

2016-09-29

10月9日、10日に建前を予定している『高根の家』の刻みの様子を覗きに、
住まい手と一緒に中津川まで行ってきました。
 
「木組みの家づくり」では、
家の骨組みになる杉や桧を、大工さんが一本一本、丁寧に手加工します。
 
加工場には継手や仕口の加工を終えた木材が並び、建前の準備が着々と進んでいました。
 

 
「この木が家になる姿が想像できないです・・・」
 
住まい手のUさんも思わずつぶやいていましたが、
 
それもそのはず・・・ 
 
柱や梁など、建前の日に組み上がる木材を合計すると・・・なんと200本以上!!
 
こんなに沢山の木材が立体に組み上がる姿を思い浮かべるのは、至難の業です。
 
組み上がった姿を思い浮かべて、一本一本に墨付けをし、手道具で刻む。
ここに並んでいる木材が、建前の日には狂いなく組み上がるのですから、大工さんは本当に凄い!
 
 
 
とはいえ、Uさんも丹羽アトリエの見学会の常連さん◎
 
小学生のお子さんも、木に墨付けされている番付を見ると、
 

 
「この木はここ!」
 

 
と、大工さんの書いた板図に指を差してくれました。
 
 
 
「じゃあ、どっちが杉でしょう?」
 
桧と杉を、触って、嗅いで
 
・・・
 
「せーの!」
 

  
みんな正解!!!
 
木の家づくりをとても愉しんで頂いています◎
 
 

  
八百津の山で皆で選んだ丸太柱もご覧の通り、あとは建前の日を待つだけです。
 
(伐採当日の様子はコチラ→「山へ木を刈りに!」
 
それでは、大工さん、最後まで安全第一で宜しくお願いします!
 
 
yoshiyuki
  
 
 
木と木が組み上がって、家の姿になる様子をご覧になりたい方は、
どうぞ建前見学会にお越し下さい◎
 
見学会の案内はコチラ→「高根の家 建前見学会」
 

10月は “木と土の家” のイベントが盛りだくさん!

2016-09-21

9月も終盤!
 
だんだんと涼しくなってきましたね。
 
秋と言えば、「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」・・・など、色々と思い浮かびます。
 
皆さんは、どんな秋を思い浮かべますか?
 
「私は、家づくりの秋!!」 という方に、“ 木と土の家 “ のイベント情報をお届けします◎
 
どうぞお気軽に足をお運び下さい。
 
 

▲詳細案内・申込は画像をクリック
 
10月16日(日) 『牛立の家』完成見学会
 
名古屋市中川区に建つ、約26坪のバリアフリーハウスです。
 
ご夫婦とご高齢のお母様の三人が安心して楽しく暮らせるように、
細部までじっくりご相談しながら設計を進めました。
 
各部分部分の必要充分な寸法を考え直す事で、
コンパクトで落ち着いた雰囲気の平屋の家をつくりました。
 
 
 
 
 

▲詳細案内・申込は画像をクリック
 
10月9日(日)、10日(月・祝) 『高根の家』建前見学会
 
 
 

▲詳細案内・申込は画像をクリック
 
10月18日(火) 『柊山の家』建前見学会
 
いよいよ、「木と土の家」の建前の日がやってきました!
 
大工さんが丁寧に手加工してきた香りの良い無垢の木が、
大勢の大工さんの手で一気に組み上がります。
 
繊細で細やかな木の加工、木と木がきっちり組み上がる瞬間。
 
大工さんの手加工による家づくりの檜舞台を、その場で体感してみましょう!
 
大工さんとつくる “ 木組み ” の家は、丹羽アトリエが家づくりで大切にしていることの1つです◎
 
 
 
沢山のご参加お待ちしております◎

『柊山の家』配筋検査

2016-09-14

現在、加工場では大工さんの刻みも着々と進んでいますが、
現場も建前に向けて着々と進んでいます。
 
今日は「配筋検査」。
基礎の鉄筋がきちんと施工されているかの確認です。
 

 
 
鉄筋同士の間隔であったり、つないだ部分の重なりや、
鉄筋にどれだけコンクリートが被るか等々、色々と決まりがあるんですよ。
 
 
 
 
鉄筋を組み終わり検査も済むと、コンクリートを打つのですが、
外仕事は天気の影響が大きいので、職人さんも頭を抱えていました。
今週は特に天気予報もコロコロと変わるので、困り者ですね...
何とか今週はもってほしいものです。
 
 
近々、建前見学会の案内も出します!!
”自然素材の家” ”木組みの家” 気になる方はぜひおいで下さい。
 
 
haruna

1 / 11
このページのtopへ